初回に一挙4得点の千葉ロッテが快勝。岩下大輝が3勝目、マーティンに10号2ラン

2021.4.29(木) 17:21 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・岩下大輝投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・岩下大輝投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月29日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第6回戦は、5対2で千葉ロッテが勝利。連敗を2で止めた。

 初回、千葉ロッテは先頭の荻野貴司選手が四球を選ぶと、続くマーティン選手が2試合連続となる先制の10号2ランを放つ。さらに2つの四球で1死1、2塁とすると、井上晴哉選手、高部瑛斗選手が連続適時打。一気に4点を先制した。

 援護をもらった先発の岩下大輝投手は初回、先頭の源田壮亮選手に三塁打を浴びるなど1死1、3塁のピンチを招くと、中村剛也選手に適時打を許す。さらに愛斗選手の安打で満塁とされ、呉念庭選手の内野ゴロの間に2点目を献上。4対2と2点差に詰め寄られる。

 その後4回までは両軍無得点が続いたが、5回表、千葉ロッテは荻野貴選手の安打と中村奨吾選手の二塁打で1死2、3塁のチャンスを作ると、安田尚憲選手がきっちりと犠飛を放ち貴重な追加点を奪う。初回2点を失った岩下投手も2回以降は立ち直り、出塁を許したのはバントヒットと四球のみ。6回97球4安打2四球7奪三振2失点の内容でマウンドを降りた。

 3点リードの7回からは勝利の方程式を投入。7回裏はハーマン投手、8回裏は唐川侑己投手がそれぞれ3者凡退の完璧なピッチング。9回裏にマウンドに上った守護神の益田直也投手も簡単に2死を奪うと、最後は呉選手を遊ゴロに打ち取って試合終了。5対2で千葉ロッテが勝利した。

 勝利した千葉ロッテは、初回に一挙4点を挙げると投手陣がきっちりリードを守り抜いて快勝。先発の岩下投手が3勝目を挙げ、チームの連敗を2で止めた。敗れた埼玉西武は先発の伊藤翔投手がわずか1死しか取れず4失点で降板。打線も2回以降は沈黙し、1日で借金生活に逆戻りとなった。

  123456789 計
ロ 400010000 5
西 200000000 2

ロ ○岩下大輝-ハーマン-唐川侑己-S益田直也
西 ●伊藤翔-松本航-宮川哲-十亀剣

文・波多野瞭平

関連リンク

4/29 ホークス対ファイターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM