福岡ソフトバンクが楽天との2連戦を連勝で飾る! グラシアルが猛打賞の活躍

2021.4.21(水) 20:57 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月21日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天の第5回戦は、4対1で福岡ソフトバンクが勝利。2位・楽天との2連戦を連勝で飾った。

 福岡ソフトバンクは3回裏、1死1、2塁の好機を作ると、3番・グラシアル選手、4番・栗原陵矢選手に連続適時打が生まれ、2点を先取。さらに2死1、3塁から6番・中村晃選手に適時二塁打が飛び出し、楽天・則本昂大投手から一気に3点を先制する。

 先発の和田毅投手は、ストライク先行のテンポの良い投球で3回まで完全投球を披露。4回表、楽天・小郷裕哉選手に初安打は許したものの、その後のピンチは難なく抑えた。しかし6回表、8番・岡島豪郎選手に3年ぶりとなる1号ソロを許すとその後、小深田大翔選手、小郷選手に連打を浴びる。また指を気にするしぐさを見せたため、ここで降板。6回途中、4安打3奪三振無四球1失点の内容でマウンドを降りた。

 なおも1死1、2塁というピンチの場面で、後を継いだのは嘉弥真新也投手。左打者の辰己涼介選手を右飛に打ち取ると、続いて泉圭輔投手をマウンドにおくる。一発逆転の場面で4番・浅村栄斗選手との対決となったが、冷静に二直に打ち取りピンチを切り抜けた。

 7回裏、福岡ソフトバンクは4番・グラシアル選手の適時打で貴重な追加点を挙げ、スコアは4対1に。終盤3イニングは、岩嵜翔投手、モイネロ投手、森唯斗投手による勝利の方程式で0に抑え、試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、引き分けを挟んで3連勝。投げては先発・和田投手が6回途中に急遽降板したものの、後を受けた救援陣が無失点に抑えるなど、盤石の投手リレーを見せた。打っては、グラシアル選手が3安打2打点の活躍。投打がかみ合った。一方敗れた楽天は、先発・則本昂投手が7回途中8安打8奪三振2四球4失点粘投を見せたものの、打線の援護が及ばず2連敗。2番に起用された小郷選手が唯一のマルチ安打と気を吐いた。

  123456789 計
楽 000001000 1
ソ 00300010X 4

楽 ●則本昂大-福山博之-森原康平
ソ ○和田毅-嘉弥真新也-泉圭輔-岩嵜翔-モイネロ-S森唯斗

文・岩井惇

関連リンク

4/21 マリーンズ対ファイターズ結果
4/21 バファローズ対ライオンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM