松田宣浩が先制打&追撃の2ラン! 高橋礼も6回1失点で鷹が獅子に今季初勝利

2021.4.17(土) 20:52 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月17日、メットライフドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの第5回戦は、7対1で福岡ソフトバンクが勝利。福岡ソフトバンクは、打線が序盤から着実に得点を重ねてリードを広げると、投手陣も4安打1失点と相手打線を封じ、埼玉西武に対して今季初勝利を挙げた。

 福岡ソフトバンクは2回表、1死から6番・真砂勇介選手が二塁打で出塁すると、8番・松田宣浩選手に適時打が生まれ、1点を先制する。さらに、続く3回表には4番・グラシアル選手の3号2ラン、4回表にも松田選手の2号2ランと一発攻勢で4点を追加。埼玉西武の先発・浜屋将太投手から4回までで5点を奪い、試合の主導権を握った。

 先発の高橋礼投手は、立ち上がりから毎回走者を許しながらの投球となったが、味方の好守にも助けられ無失点で序盤3回を終える。4回表には1死満塁とピンチを迎えるも、西川愛也選手の犠飛のみと最少失点で切り抜け、6回2安打4四死球1失点と試合を作った。

 すると打線は7回表、先頭の川島慶三選手が二塁打を放ち、犠打で1死3塁と好機を演出。続く柳田悠岐選手に適時打が生まれ、1点を追加し7回裏からは継投策へ。岩嵜翔投手が1イニングを無失点でつなぐと、8回表にも中村晃選手の適時打で7対1とさらにリードを広げる。

 6点差となった8回裏は泉圭輔投手が登板し、走者を出しながらも無失点に抑える。9回裏はC.スチュワート・ジュニア投手がプロ初登板のマウンドへ。先頭に四球を与えるも、最速153km/hの角度ある直球を軸に2三振を奪うなど後続を打ち取り、7対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発・高橋礼投手が6回2安打1失点の好投で今季初白星。打線では、松田選手が先制の適時打に追撃の2ランと2安打3打点をマークし、埼玉西武に対して今季初勝利を挙げた。一方の埼玉西武は、先発・浜屋投手が4回7安打5失点と誤算。打線も四死球で走者を出しながら後が続かず、4安打1得点と振るわなかった。

  123456789 計
ソ 012200110 7
西 000100000 1

ソ ○高橋礼-岩嵜翔-泉圭輔-C.スチュワート・ジュニア
西 ●浜屋将太-武隈祥太-十亀剣-佐野泰雄-田村伊知郎

文・丹羽海凪

関連リンク

4/17 ファイターズ対イーグルス結果
4/17 バファローズ対マリーンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM