【ファーム】谷川原健太の一発など11安打で鷹が勝利!C.スチュワート・ジュニアは2勝目

2021.4.9(金) 16:22 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・谷川原健太選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・谷川原健太選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月9日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第4回戦は7対5で福岡ソフトバンクが勝利。0勝2敗1分と苦戦していた広島に今季初勝利を挙げた。

 福岡ソフトバンクの先発は、スチュワート・ジュニア投手。初回、先頭の中村奨成選手から三振を奪うと、1回と2回を3者凡退で抑える投球を披露。一方の打線は、2回裏に5番・谷川原健太選手の第2号ソロで先制する。スチュワート・ジュニア投手は、3回表に安打を許して得点圏に走者を置くが後続を打ち取る。

 その好投に打線が奮起した。3回裏、1死1塁からリチャード選手が適時二塁打を放ち、追加点を挙げる。さらに、2つの四球で1死満塁と好機を拡大すると、7番・増田珠選手に2点適時二塁打、敵失策で1点を追加した後には、9番・水谷瞬選手に適時二塁打が飛び出して、大量5得点と序盤から主導権を握った。4回裏には、リチャード選手の2打席連続となる適時打で追加点を挙げ、7対0とした。

 大量援護をもらったスチュワート・ジュニア投手は6回表、失策と安打で無死1、3塁のピンチを招くと、3番・桒原樹選手に適時打を浴びて1点を失う。4番・高橋大樹選手にも安打を許し、無死満塁のピンチから2者連続で内野ゴロの間に失点する。さらに、7番・木下元秀選手の適時二塁打で追加点を許し、この回4失点で7対4と迫られた。

 7回表のマウンドにも上がったスチュワート・ジュニア投手は、走者を背負いながらも無失点で切り抜け、7回110球、7安打7奪三振1四球4失点で降板。8回表に登板した田中正義投手は、四球と安打で招いた1死1、2塁のピンチに、味方の失策が絡んで1点を失う。

 一方の打線は、広島の中継ぎ陣を捉えきれず得点できないイニングが続くが、序盤の大量リードが功を奏し、追い付かれることなく最終回へ。9回表は、支配下登録を狙う大関友久投手が3人で締めて、今季初セーブを手にした。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発のスチュワート・ジュニア投手が今季2勝目。水谷選手が3安打1打点1盗塁、リチャード選手と増田選手が2安打2打点の活躍で勝利に貢献した。序盤の大量得点で勝利をつかんだものの、失策が失点につながるなど精彩を欠くプレーも目立ち、課題の残る試合でもあった。

  123456789 計
広 000004010 5
ソ 01510000X 7

広 ●遠藤淳志-畝章真-今村猛-菊池保則-中崎翔太
ソ ○C.スチュワート・ジュニア-田中正義-S大関友久 

文・岡絃哉

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

4/9 イーグルス対ホークス結果
4/9 マリーンズ対ライオンズ結果
4/9 バファローズ対ファイターズ結果
【ファーム】4/9 マリーンズ対ライオンズ結果
【ファーム】4/9 イーグルス対ベイスターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM