松田宣浩が勝ち越し打! 栗原陵矢も5試合連続安打を放った鷹が2連勝

2021.4.7(水) 22:03 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月7日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第2回戦は、6対2で福岡ソフトバンクが勝利。北海道日本ハムは6連敗となった。

 福岡ソフトバンクの先発・笠谷俊介投手は、3回に四球3つを与えて満塁とするも、安打は許さずこのピンチをしのぐ。しかし、4回裏、1死2塁から大田泰示選手に5球目をレフトスタンドに運ばれ、逆転を許した。5回にも制球を乱す場面があり、この試合6つ目の四球を出したところで降板。2番手・津森宥紀投手が後続を抑えたため、最終的に4.1回2失点という投球内容となった。
 
 一方の打線は2回表、4番・グラシアル選手がライトスタンドへ一発。幸先よく先制に成功したが、その後は北海道日本ハムの先発・伊藤大海投手から得点を奪えず。逆転された直後の5回表に無死1、3塁としたが、後続が3者連続三振に倒れ、絶好機を逃した。

 1点を追う展開が続いた福岡ソフトバンクの反撃は7回表。1死1、3塁から投ゴロの間に同点に追いつくと、なおも1、2塁と続いたチャンスで、8番・松田宣浩選手が適時打を放ち、逆転に成功した。8回表にも、5番・栗原陵矢選手の適時打で2点を追加。その栗原選手が暴投の間に2塁から生還し、6対2とさらにリードを広げた。

 8回裏には、モイネロ投手が今季初登板。6番から始まる打順を3者連続三振に抑える圧巻の投球で、セットアッパーの役割を果たした。9回裏には守護神の森唯斗投手が7試合ぶりに登板。危なげなく3者凡退に抑え、試合終了。6対2で福岡ソフトバンクが勝利した。

 勝利したソフトバンクは、先発した笠谷投手が6四球を出しながら2失点と粘りの投球を見せた。後を継いだ中継ぎ陣も6投手で無失点リレーを見せ、チームに2連勝を呼び込んだ。打線では、栗原選手が5試合連続安打となった適時打に加え、2四球を選ぶ活躍を見せた。また、3番手の杉山一樹投手がプロ初勝利をマークしている。

 一方の北海道日本ハムは、先発・伊藤選手が7回3失点(自責2)11奪三振の力投を見せたが、打線が3安打と抑え込まれ、プロ初黒星を喫した。なお、大田選手は10試合目で待望の今季チーム初本塁打を放った。

  123456789 計
ソ 010000230 6
日 000200000 2

ソ 笠谷俊介-津森宥紀-○杉山一樹-嘉弥真新也-岩嵜翔-モイネロ-森唯斗
日 ●伊藤大海-長谷川凌汰-堀瑞輝-福田俊

文・吉村穂乃香

関連リンク

4/7 ライオンズ対イーグルス結果
4/7 マリーンズ対バファローズ結果
【ファーム】4/7 ライオンズ対ファイターズ結果
【ファーム】4/7 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM