千葉ロッテが16得点快勝。二木康太が7回2安打0封&安田尚憲が1号2ラン含む2安打4打点

2021.4.2(金) 21:46 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月2日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテの第1回戦は、16対4で千葉ロッテが大勝。2試合連続16得点と打線が爆発し、カード初戦を制した。

 千葉ロッテが序盤から主導権を握った。北海道日本ハムの先発・吉田輝星投手に対し、1死からマーティン選手が四球で出塁し、中村奨吾選手も安打で続く。ここで安田尚憲選手にフェンス直撃の適時二塁打が生まれ1点を先制すると、続くレアード選手も犠飛を放ち、初回に2点のリードを得た。

 先制点をもらった二木康太投手は1回裏、2四球を与えながらも無失点で切る抜けると、2回表に打線が爆発。振り逃げと2四球で2死満塁のチャンスを作ると、中村奨吾選手の2点適時打に敵失策が絡み、3点を追加。続く安田選手も1号2ランを放ち、7対0と北海道日本ハムを突き放す。

 千葉ロッテの勢いは止まらず、6回表には田村龍弘選手の適時打、藤原恭大選手の犠飛、マーティン選手の3号2ランで4点を追加。7回表には田村選手の適時打で1点、8回表には中村選手の適時打と、安田選手の二ゴロで2点を挙げ、14対0と試合を決定付けた。

 大量リードの8回裏、2番手・ハーマン投手が4点を失うも大差は変わらず、9回裏は土居豪人投手が3者凡退で締めて試合終了。9回表にも岡大海選手の適時打で2点を追加した千葉ロッテが勝利した。二木投手は7回96球2安打4四球4奪三振無失点で今季初勝利をマーク。打っては17安打16得点でカード初戦を大勝で飾った。

 敗れた北海道日本ハムは、今季初登板の吉田輝星投手が2回7失点(自責点2)と試合を作れず。2番手・北浦竜次投手は3回無失点の好投も、以降は福田俊投手が4失点、鈴木健矢投手が1失点、玉井大翔投手が2失点、村田透投手が2失点と勢いを止められず、3連敗を喫した。

  123456789 計
日 250004122 16
ロ 000000040 4

日 ●吉田輝星-北浦竜次-福田俊-鈴木健矢-玉井大翔-村田透
ロ ○二木康太-ハーマン-土居豪人

文・鈴木海斗

関連リンク

4/2 イーグルス対バファローズ結果
4/2 ホークス対ライオンズ結果
【ファーム】4/2 ファイターズ対ベイスターズ結果
【ファーム】4/2 イーグルス対ジャイアンツ結果
【ファーム】4/2 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM