ブランドンがプロ初安打初本塁打を含む2安打4打点の活躍。打線爆発の埼玉西武が快勝

2021.3.30(火) 22:18 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・ブランドン選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・ブランドン選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月30日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと埼玉西武の第1回戦は、11対4で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は1回表、1死から2番・源田壮亮選手が安打で出塁すると、2死3塁から4番・山川穂高選手が今季第1号2ランを放ち、幸先よく先制する。2回表にも、ドラフト6位ルーキーの8番・ブランドン選手にプロ初安打となる第1号2ランが飛び出し、序盤に主導権を握った。ブランドン選手は、「あの場面はエンドランでしたし、とにかく打ちに行く、という気持ちでバットを振りました。ホームランになって良かったです。ここまでヒットも出ていなかったですが、ホームランを打って、これまでの悪い流れが全部吹っ切れたように思います」と、プロ初ホームランを振り返った。

 5回表には、源田選手の安打と盗塁で1死2塁から、途中出場の山田遥楓選手が適時打を放ち、1点を追加。さらに6番・中村剛也選手に適時二塁打、ブランドン選手にも適時打が飛び出し、北海道日本ハムを突き放した。

 援護を受けた先発の松本航投手は、初回からテンポの良いピッチングで淡々と相手打線を封じ、序盤は無失点に抑えた。しかし、4回裏に連打でピンチを招き、暴投と内野ゴロの間に2点を失う。5回裏にも渡邉諒選手の適時打で1失点を喫すると、6回裏に安打と四球で無死1、2塁としたところで降板。この場面で後を受けた伊藤翔投手は後続を3人で打ち取り、無失点に抑えた。

 2点リードの埼玉西武は、7回裏を佐野泰雄投手が無失点に抑えると、8回表にブランドン選手と若林楽人選手の犠飛で2点を追加。以降は8回裏を宮川哲投手が1失点、9回裏を吉川光夫投手が無失点で締め、試合終了。

 勝利した埼玉西武は、松本投手が5.0回7安打2奪三振3四球3失点で今季初勝利をマーク。打線も序盤の一発攻勢で優位に進めるなど、15安打で11得点を挙げた。なかでもブランドン選手がプロ初本塁打を含む2安打4打点、木村文紀選手が4安打2打点の活躍を見せた。

 一方敗れた北海道日本ハムは、先発した河野竜生投手が3.0回6安打1四球4失点と試合を作ることができず。打線では渡邉選手と野村佑希選手が2安打を放ったが、好機を生かしきれず、埼玉西武に打ち負けた。

  123456789 計
西 220030022 11
日 000210010 4

西 ○松本航-伊藤翔-佐野泰雄-宮川哲-吉川光夫
日 ●河野竜生-鈴木健矢-村田透-福田俊-玉井大翔

文・木村圭

関連リンク

3/30 マリーンズ対イーグルス結果
3/30 バファローズ対ホークス結果
【ファーム】3/30 ファイターズ対スワローズ結果
【ファーム】3/30 イーグルス対ライオンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM