宮城大弥が魅せた、若手の勢いとベテランのような老獪さ【開幕第2戦ゲームレビュー】

2021.3.27(土) 20:00 中島大輔

 山本由伸、山岡泰輔、田嶋大樹という強力3本柱を誇るオリックス先発陣で、中嶋聡監督が開幕第2戦のマウンドに送り込んだのは高卒2年目の宮城大弥だった。今季のブレイク候補に挙げられる左腕投手は大きな期待を背負ってマウンドに上がると、卓越した投球術を存分に見せつける。

「西武は非常にすごい打線で、どんどん打ってくるというイメージがあります」

 ファーストストライクから強振してくるライオンズ打線の印象について前日にそう話した宮城は、初回に守備のまずいプレーもあって1点を先制された。しかし2回以降は若手の勢いと、ベテランのような老獪さを兼ね備えたハイブリッドな投球を披露していく。

 3回から6回まで西武打線を無安打に抑え込んだ裏には、“タイミングをずらす技術”が見られた。積極的に振りにくる西武打線に対して小気味良い投球テンポで主導権を握ると、140km/h台後半から中盤の速球と曲がり幅の大きい120km/h台後半のスライダーを中心に、100km/h台〜110km/h台の2種類のカーブと120km/h前後のチェンジアップをうまく織り交ぜながらタイミングをずらしていく。プレートを踏む位置を右打者に対しては一塁側、左打者には三塁側と使い分け、制球良く内外角に投げ分けながらストライクゾーンを大きく使い、西武打線に的を絞らせなかった。

 とりわけ高い投球術が光ったのが、勝ち越し点をもらった直後の4回だ。先頭打者の山川には2球で追い込んだ後にファウルで粘られたが、9球目に内角低めのカーブを投じて空振り三振。この場面で捕手の伏見寅威はスライダーを要求したが、宮城は投じる直前、自分の判断でカーブに変えたと試合後に明かした。

「山川さんには内、外の真っすぐをファウルされて、スライダーもチェンジアップもファウルにされました。でも、速くて大きく曲がるカーブをそれまで投げていなかったので、ボールになってもいいので投げようと思ったら、結果的に三振につながりました」

 瞬時の判断で山川を打ち取ると、続く外崎修汰にも粘られた後の9球目、外角ボールゾーンに逃げていくチェンジアップでセカンドゴロ。6番・中村には速球中心で追い込んだ後、6球目、チェンジアップでバットに空を切らせた。

 そして球数が100球を超えた7回には、プロでまだ先発4試合目の19歳とは思えないような落ち着きぶりを見せた。疲労でコントロールが甘くなったところを打たれて1死満塁のピンチを招いたが、8番・ブランドンをチェンジアップで空振り三振。続く9番・若林楽人に押し出し死球を与えて1点差に迫られたものの、それでも慌てる素振りを見せない。1番・金子侑司に対して初球は106km/hのカーブでストライクをとると、147km/hの速球でファウルを打たせて追い込む。ボールをはさんで4球目、104km/hのカーブで巧みにタイミングを外し、ショートフライで切り抜けた。

 結局、7回123球を投げて被安打5で自責点1。ライオンズ打線に威風堂々と挑み、卓越した投球術と勝負度胸、スタミナを見せて今季初登板を白星で飾った。

「とても緊張したんですけど、思った以上に自分のピッチングをできたので良かったです。全体的に真っすぐにも強さがあり、変化球で緩急をつけて自分らしいピッチングをできたので、そこをもっと活かせるように頑張りたいです」

 開幕2戦目で今季の飛躍を予感させた宮城がそう話せば、中島監督は「(今季初登板で)力むかと思ったけど、そういうこともなく、しっかり緩急をつけて投げてくれた」と称賛。新人王の権利を持つ左腕が快投を見せ、オリックスにとって弾みのつく勝利になった。


文・中島大輔

関連記事

ライオンズ打線が最強右腕・山本由伸に牙を向く【開幕戦ゲームレビュー】

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM