サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

鷹対巨人は引き分けに。武田翔太が5回0封、川島慶三が猛打賞の活躍

2021.3.10(水) 20:45 パ・リーグ インサイト
3/10 ホークス対ジャイアンツ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/10 ホークス対ジャイアンツ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月10日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと巨人のオープン戦は、1対1で引き分けに終わった。

 福岡ソフトバンクの先発・武田翔太投手は、落ち着いた投球で凡打の山を築き、ジャイアンツ打線を封じる上々の仕上がり。5回2安打2四球5奪三振無失点の好投でアピールした。一方の打線は、巨人の先発・今村信貴投手を打ち崩せず。5回裏まで2番・川島慶三選手の2安打、9番・海野隆司選手の安打による3安打のみと、両軍無得点の展開が続いた。

 動きがあったのは投手が変わった6回裏。この回先頭の川島選手が巨人の2番手・高梨雄平投手から猛打賞となる左安打を放ったのを皮切りに、四球と進塁打で2死2、3塁とすると、栗原陵矢選手の二ゴロの間に1点を先制した。

 6回以降は継投で無失点に抑えたが、最終9回表に坂本勇人選手、岡本和真選手の連続二塁打で同点に追い付かれると、9回裏は高木京介投手の前に3者凡退に終わり、試合終了。

 武田投手の後を受けた中継ぎ陣は、6回表から川原弘之投手、奥村政稔投手、津森宥紀投手が1イニングを無失点でつなぐ好投も、9回表に大関友久投手が1失点を喫し、引き分けに終わった。

  123456789 計
巨 000000001 1
ソ 000001000 1

巨 今村信貴-高梨雄平-大竹寛-中川皓太-高木京介
ソ 武田翔太-川原弘之-奥村政稔-津森宥紀-大関友久

文・北嶋楓香

関連リンク

3/10 ベイスターズ対ファイターズ結果
3/10 イーグルス対マリーンズ結果
3/10 ドラゴンズ対ライオンズ結果
3/10 バファローズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM