サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

“リアル”プロ野球の王者がついに優勝! 福岡ソフトバンクがeBASEBALLで初の日本一

2021.3.10(水) 10:00 パ・リーグ インサイト
日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス©Nippon Professional Baseball  ©Konami Digital Entertainment
日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス©Nippon Professional Baseball ©Konami Digital Entertainment

 3月6日に行われたeBASEBALL プロリーグの頂上決戦「SMBC e日本シリーズ」。パ・リーグは前週に行われたコカ・コーラ eクライマックスシリーズを勝ち抜いた福岡ソフトバンクホークスが代表となり、セ・リーグ代表の横浜DeNAベイスターズと日本一をかけた試合を行った。

 福岡ソフトバンクはeクライマックスシリーズで逆転満塁ホームランを放つなど、MVPに輝く活躍を見せたキャプテン・加賀谷颯太選手が体調不良のため欠場。まさかの非常事態となったが、ここは前シリーズでキャプテンに救われたチームメイトが恩返しと言わんばかりの試合を見せた。

キャプテン不在でも強かった。福岡ソフトバンクが初のe日本一に

 初戦は1番手を予定していた加賀谷選手の代わりに原健四郎選手が出場。佐野恵太選手の2ランで先制されるも、同点で次の選手へ渡した。すると2番手・大上拓海選手が6回裏、相手野選の間に勝ち越し。さらにバレンティン選手の3ランなどで一挙5得点を挙げる。最後は3番手・平山大輝選手が継投で逃げ切って8対5で勝利した。

 これで流れをつかんだ福岡ソフトバンクは2戦目、1番手・原選手が1点を先制する。2番手・平山選手は4回裏、横浜DeNAの辻晴選手から3点を失い逆転されるも、5回表に栗原陵矢選手とグラシアル選手の2ランで再逆転。3番手を託された大上選手は8回表にバレンティン選手の2ランでリードを盤石のものとし、7対3で連勝を飾った。これにより、福岡ソフトバンクの日本一が決定。3年目のシーズンで、“リアル”プロ野球の王者がついに初の栄冠を手にした。

平山大輝選手と加賀谷選手のユニフォーム ©Nippon Professional Baseball  ©Konami Digital Entertainment
平山大輝選手と加賀谷選手のユニフォーム ©Nippon Professional Baseball ©Konami Digital Entertainment

悲願の日本一。福岡ソフトバンクホークス代表選手たちの言葉

 悲願の日本一を達成した福岡ソフトバンク。クライマックスシリーズで本来の力を出しきれなかったチームメイトを救ったキャプテン・加賀谷選手に、3選手が日本一という恩返しを送った。チーム最年長のルーキー・原選手は2戦ともに1番手として出場。同点・リードで次に渡し、しっかりと試合の序盤をつくった。

原選手「今日になって加賀谷キャプテンが体調不良で欠場となってしまいましたが、自分たちがメイクドラマをして恩返しをするんだと強い気持ちで臨みました。4人で勝ち取った勝利だと思います。試合では点を取れられてしまいましたが、キャプテンが乗り移っているんじゃないかと思うほど点が取れて良かったです」

 平山選手は昨季から福岡ソフトバンクで加賀谷選手とともにプレー。初戦は3番手で試合を締めると、2戦目は逆転されながらも再逆転する気持ちの強さを見せ、キャプテン不在のチームをけん引した。

平山選手「福岡ソフトバンク代表として3年目の加賀谷キャプテンに恩返しするんだと、メンバー全員が堂々とプレイ出来ていて良かったです。(DeNA・辻選手とのマッチアップは)今年のルーキーで一番強い選手だったので絶対に負けたくないという気持ちでした。自分はピッチングが売りなんですけど、点を取られた時ほど打って返すんだという誰にも負けない気持ちで上回れたと思います」

 埼玉西武から移籍した大上選手は、初戦にビッグイニングを作る活躍を見せると、2戦目はプレッシャーのかかる3番手で2戦連続のホームランを放ち、試合を決定付けた。この活躍で大上選手が最優秀選手を獲得。eBASEBALLの歴史に、その名前を刻んだ。

大上選手「まだ(優勝した)実感がわいていませんが、これからわいてくるのかなと思います。ここまでキャプテンに連れて来てもらったので、本当は4人でやりたかったです。eCSでは打たれてしまったのでe日本シリーズではその分打てて良かったです。(バレンティン選手は)ペナントレースでも良い所で1本打てていたので、キープレイヤーだと感じていました。(MVPは)まさかという感じです。48選手全員が目標にしていると思うので、胸を張って、これからも今日のようなプレーをできるように頑張っていきたいと思います」

MVPに輝いた大上拓海選手 ©Nippon Professional Baseball  ©Konami Digital Entertainment
MVPに輝いた大上拓海選手 ©Nippon Professional Baseball ©Konami Digital Entertainment

 12月に開幕した「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンはこれにて閉幕。パ・リーグは福岡ソフトバンクが“リアル”プロ野球に続いて、初のeペナントレース優勝、日本一をつかみとった。3年目のシーズンが終わり、また次のシーズンへ。プロプレイヤーたちの熱い戦いに今後も期待したい。

「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズン ペナントレース結果とチームタイトル

◇パ・リーグ
1位 福岡ソフトバンクホークス
2位 オリックス・バファローズ
3位 埼玉西武ライオンズ
4位 北海道日本ハムファイターズ
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス
6位 千葉ロッテマリーンズ

◇セ・リーグ
1位 横浜DeNAベイスターズ
2位 阪神タイガース
3位 読売ジャイアンツ
4位 広島東洋カープ
5位 東京ヤクルトスワローズ
6位 中日ドラゴンズ

セ・パe交流戦 チャンピオン 千葉ロッテマリーンズ
セ・リーグ チャンピオン 横浜DeNAベイスターズ
パ・リーグ チャンピオン 福岡ソフトバンクホークス
SMBC e日本シリーズ チャンピオン 福岡ソフトバンクホークス

文・丹羽海凪

eBASEBALL関連記事

2020シーズンはホークスがeCS制覇
ホークス・平山選手インタビュー
【プロ野球とeSports Vol.1】「eBASEBALL プロリーグ」誕生秘話
「SMBC e日本シリーズ」2019シーズン結果

関連チーム記事/TEAM