開幕投手の山本由伸が5回3失点。杉本裕太郎は3試合連続安打をマーク【オープン戦結果】

2021.3.5(金) 16:21 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズの山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズの山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月5日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAとオリックスのオープン戦は、5対1で横浜DeNAが勝利。オリックスの今季オープン戦初勝利は持ち越しとなった。

 オリックスの先発は、開幕投手に内定している山本由伸投手。2回裏に失策と四球で走者を背負うと、8番・嶺井博希選手に中堅左への3ランを浴びて先制を許す。それでも威力抜群の直球と大きく曲がる変化球で組み立てて後続を打ち取り、5回を投げて5安打1本塁打1四球3失点でマウンドを降りた。

 一方の打線は、5回まで毎回出塁で好機を作るが、ホームベースが遠かった。5回表には8番・大城滉二選手の右安打、続く福田周平選手の四球で得点圏に走者を置くと、1番・中川圭太選手が強烈な当たりを放つが、横浜DeNAの遊撃・大和選手の好守に阻まれる。

 反撃は7回表。途中出場した杉本裕太郎選手の3試合連続となる安打、6番・モヤ選手の二塁打などで無死満塁のチャンスを作ると、1死から福田選手の押し出し死球で1点を返す。このまま畳みかけたい場面だったが、後続が横浜DeNAの3番手・池谷蒼大投手の緩急を生かした投球に翻弄され、絶好機を逃す。

 オリックスの2番手・中川颯投手は、6回裏を3者凡退で切り抜ける。しかし、2点差に迫った直後の7回裏、四球で出した走者を盗塁と悪送球で3塁に進めると、途中出場の8番・戸柱恭孝選手に適時打を浴びた。8回裏から登板した富山凌雅投手は、2死から連打と四球で満塁のピンチを招くと、7番・桑原将志選手の打球を遊撃手・紅林弘太郎選手がファンブル。4点差で迎えた9回表は3者凡退に終わり、そのまま試合終了。

 勝利した横浜DeNAは、少ないチャンスで得点し、ピンチではそれぞれの投手が要所を締めた。一方のオリックスは、好機を演出するがあと一本が出ず。守備でも3失策と好守において緩みが出た。山本投手、中川颯投手は失点をしたものの、両投手ともコースを突いた直球や変化球は上々の仕上がり。チャンスを作りながらもあと一本が出ない打線の奮起が待たれる。

  123456789 計
オ 000000100 1
デ 03000011X 5

オ ●山本由伸-中川颯-富山凌雅
デ ○京山将弥-風張蓮-飯塚悟史-池谷蒼大-平田真吾-笠井祟正

文・岡絃哉

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM