戸川大輔~名馬・モーリスと駆け抜ける野球人生。獅子の育成の星へ~(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】

2021.2.17(水) 10:30 パ・リーグ インサイト
【ファーム】その打球は飛行機雲のように所沢の空に高く舞い上がる!! ライオンズ・戸川 超特大の逆転サヨナラ2ラン!! 2020/10/25 L-S(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV
【ファーム】その打球は飛行機雲のように所沢の空に高く舞い上がる!! ライオンズ・戸川 超特大の逆転サヨナラ2ラン!! 2020/10/25 L-S(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

戸川大輔(とがわ・だいすけ)/外野手

#65/1996年4月29日生まれ
188cm・90kg/右投左打


 2014年、球団初の高卒育成として北海高校から育成ドラフト1位で入団。高校時代には、現在のチームメイトでもある佐藤龍世選手とともにプレーした。ルーキーイヤーの2015年には二軍で50試合に出場し、その年のオフに支配下契約を勝ち取る。パワーと走力を兼ね備えた期待の中距離砲だ。

 支配下登録で背番号を71とした2016年は、二軍で76試合に出場したが打率.185とバッティングに苦しんだ。翌2017年は52試合で打率.271と数字を改善させたものの、一軍から声はかからず、2018年まで一軍出場の経験はなかった。そして、2018年オフにこれまで全く面識のなかったという福岡ソフトバンク・柳田悠希選手に弟子入りを志願。これが戸川選手を変えるきっかけとなる。

 憧れの柳田選手とともに自主トレをし、迎えた2019年は4月5日に一軍に初昇格。翌6日の北海道日本ハム戦でプロ初出場・初打席を経験した。一度抹消されたものの、再昇格後の5月25日の北海道日本ハム戦では、バーベイト投手からプロ初安打を記録し、さらに31日の千葉ロッテ戦で二木康太投手からプロ初ホームランを放った。

 背番号を65に変更し迎えた2020年、一軍では4試合の出場にとどまったが、二軍で55試合に出場。規定打席にはわずかに届かなかったものの、打率.300をマークした。実家は競走馬を生産している「戸川牧場」。生産馬の中で有名なのが「モーリス」で、G1で6勝を挙げ、その獲得賞金は5億を超える。奇しくも、入団と同じ年にG1で初勝利し、スター馬となっていったモーリス。いつかそれを越える活躍を見せるべく、まずはレギュラー奪取を目指す。

【2020年一軍成績】
4試合 9打席1安打0本塁打0打点 打率.111 出塁率.111 OPS.222


文・丹羽海凪

戸川選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

「また4番を打ちたい」 埼玉西武未来の大砲候補が得た「4番」の経験と気付き
2018年はイースタン・リーグで4番を任されることが多かったが、打率は.219と悔しい結果に終わった。4番に座って気づいたこと、そして中村剛也選手から学んだこととは。

「ホームランを打てるスイングを」鷹・柳田が語る打撃と自主トレのポイントは…
憧れの福岡ソフトバンク・柳田悠岐選手に弟子入り、オフの自主トレをともにした。初の一軍出場へ、トレーニングを積み重ねた結果が、2019年シーズンにつながった。

☆戸川大輔選手の動画はこちらから!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM