野村佑希~ミドルネームはジェームス。長打力が魅力の大型野手~(北海道日本ハムファイターズ)【インサイト的選手名鑑】

2021.2.15(月) 11:30 パ・リーグ インサイト
《THE FEATURE PLAYER》F野村 『ジェームス』という名の大輪の花(C)パーソル パ・リーグTV
《THE FEATURE PLAYER》F野村 『ジェームス』という名の大輪の花(C)パーソル パ・リーグTV

野村佑希(のむら・ゆうき)/内野手

#24/2000年6月26日生まれ
187cm・91kg/右投右打


 花咲徳栄高校から2018年ドラフト2位で入団。高校時代は1年秋からベンチメンバーに入り、2年次の夏の甲子園では、4番に座って25打数13安打、2本塁打6打点の活躍で埼玉県勢初の大会優勝に貢献した。3年次には、エースナンバーを背負い、投手・4番で甲子園に出場。187cmの恵まれた体格から生み出される、長打力が魅力の大型野手だ。

 2019年は、イースタン・リーグで75試合に出場。主に三塁を守り13失策と守備には課題を残したが、打撃では打率.245、5本塁打、32打点をマークした。しかし8月に全治5カ月の怪我で離脱し、手術を受けることに。終盤はリハビリを行い、ルーキーイヤーのシーズンを終えた。

 プロ2年目となる2020年は春季キャンプを二軍で迎えたが、前年の怪我を感じさせない、進化をも予感させるバッティングで、6月には一軍の練習試合に出場。短い期間、少ないチャンスの中で、持ち前の長打力でホームランを積み重ねて、開幕一軍へアピールを続けた。

 そして迎えた6月19日の開幕戦、「8番・三塁」で一軍初出場・初スタメンを獲得する。開幕3連戦はヒットがなかったものの、次カードの楽天戦でプロ初安打、適時三塁打など長打も見せて、猛打賞を記録した。その後も一軍の投手相手に苦戦を強いられるが、7月2日の試合ではプロ初本塁打に加え、サヨナラ打となる二塁打を放つなど、勝負強さも光るものを見せた。しかし勢いに乗るさなか、7日の試合中の怪我により離脱を余儀なくされる。

 10月にファームで実戦復帰すると、回復ぶりを見せて同月29日に一軍昇格。11月6日の試合では適時打を含む猛打賞を記録するなど、復帰後は28打数9安打と翌年への期待を持たせる活躍を見せた。2021年は三塁手のレギュラーへ。そして将来、ファイターズを担う打線の中軸へ。シーズンを通しての安定した成績と、持ち前の長打力をみせて飛躍の1年にしたい。

文・鈴木優菜

【2020年一軍成績】
21試合 76打席19安打3本塁打18打点 打率.257 出塁率.276 OPS.749

野村選手をもっとよく知るために。パ・リーグ インサイトの過去の記事

北海道日本ハムのドラ4万波、愛称は「マンチュウで」 ドラ2野村はミドルネームの「ジェームス」
新入団発表の場でファンから呼ばれたい愛称について、ミドルネームである「ジェームス」を挙げた。アメリカで生まれたため、ミドルネームを持っている。

北海道日本ハムドラ2位野村、新球場で清宮と“KN砲”実現へ 「セールスポイントは長打力」
恵まれた体格と素質の高さで将来の主軸候補としても期待される野村選手。2023年に開業予定の新球場を象徴する選手の一人となるべく、確実にステップを踏んでいきたい。

☆野村佑希選手の動画はこちらから!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM