北海道日本ハム松本、右変形性肘関節症で22日手術へ「来季こそは貢献できるように」

2019.7.18(木) 14:51 Full-Count
北海道日本ハム・松本剛※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)
北海道日本ハム・松本剛※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

今季はわずか4試合出場にとどまっていた

 北海道日本ハムは18日、松本剛内野手が横浜市内の病院で右変形性肘関節症と診断され、22日に同市内の病院で手術することが決まったと発表。今後については改めて発表されるが、長期離脱は避けられない状況となった。

 松本は今季4試合出場にとどまり、3打数1安打の打率.333、打点なしだった。松本は「今シーズン、チームに貢献できていない中で、ケガをしてしまい悔しい気持ちでいっぱいです。手術からリハビリと、長い道のりになると思いますが、この期間にしっかりとレベルアップして、来シーズンこそはチームの優勝に貢献できるように頑張ります」とコメントした。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM