田中靖洋~あだ名は「アウチューン」。兄弟の意志を継ぐベテランリリーバー~(千葉ロッテマリーンズ)【インサイト的選手名鑑】

パ・リーグ インサイト

2019.7.14(日) 11:00

千葉ロッテマリーンズ・田中靖洋投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・田中靖洋投手(C)パーソル パ・リーグTV

田中靖洋(たなか・やすひろ)/投手

#47/1987年6月21日生まれ
183cm・88kg/右投右打


 石川県立加賀高校から、2005年の高校生ドラフト4位で西武に入団。2015年のオフに戦力外通告を受け、千葉ロッテに移籍した。サイドスローから150km/hを超える直球を投げ込み、威力のあるシュート、スライダーを組み合わせて打者に向かっていくベテランリリーバーだ。埼玉西武時代の番組で「Autumn」をアウチューンと読んだことから、ファンの間では「アウチューン田中」と呼ばれている。

 埼玉西武時代は、一軍で通算42試合に登板。2015年には18試合で防御率1.35と、10年目にしてようやく結果を残すが、戦力外通告を受ける。しかし千葉ロッテの入団テストを受けて見事に合格。奇しくも兄の田中良平氏が在籍していたチームのユニフォームに袖を通すことになった。

 そして、千葉ロッテでは1年目の途中でサイドスローに転向したことが転機に。2018年からは主戦力として存在感を増し、2019年には自己最多の44試合に登板。4勝1敗2Hで防御率2.72と、素晴らしい成績でブルペンを支えた。2020年は開幕から5試合連続無失点を記録するなど、リリーフとして活躍したが、7月半ばに右肘痛により離脱。8月3日に手術を行った。2021年はベテランリリーバーとしてブルペンを支える活躍を見せたい。

【2020年一軍成績】
8試合1勝0敗2H 7.1回 8奪三振、防御率2.45 WHIP1.23


(2021/2/11追記)

文・東海林諒平

田中靖洋投手をもっとよく知るために。パ・リーグ インサイトの過去の記事

10年越しの奇縁を良縁に。千葉ロッテのもうひとりの兄弟選手
埼玉西武から戦力外通告を受けた田中靖投手に声をかけたのは、兄・田中良平氏が在籍していた千葉ロッテ。入団時には、「兄も在籍していたチームに入団することが出来て、深いご縁を感じています」とコメントした。

☆田中靖洋投手の動画はこちらから!

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • パ・リーグ.com トップ
  • ニュース
  • 田中靖洋~あだ名は「アウチューン」。兄弟の意志を継ぐベテランリリーバー~(千葉ロッテマリーンズ)【インサイト的選手名鑑】