オリックスが接戦を制す 山崎福也は6.2回無失点で9勝目をマーク

パ・リーグ インサイト

2023.8.19(土) 16:58

オリックス・バファローズ・山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月19日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第18回戦は、2対1でオリックスが勝利した。

 オリックスは3回裏、紅林弘太郎選手の8号ソロで先制に成功。7回裏には中川圭太選手に11号ソロが生まれ、リードを2点に広げる。

 先発の山崎福也投手は、毎回のように走者を背負ったが、要所を締めて得点は許さず。7回表に安打と犠打で2死2塁とされたところで降板。ここは宇田川優希投手がしのいだ。

 8回表に阿部翔太投手が万波中正選手の適時打で1点を返され、9回表に山崎颯一郎投手が1死2塁のピンチを招いたが、ここを無失点で抑え、2対1で試合終了。山崎福投手が6.2回91球6安打無四死球3奪三振無失点で9勝目をマーク。打線は4安打も、2本塁打の2得点を投手陣が守りきった。

 敗れた北海道日本ハムは、伊藤大海投手が8回120球4安打2四球7奪三振2失点の力投。打線は相手を上回る8安打を放ったが、好守にも阻まれ1得点に終わった。

  123456789 計
日 000000010 1
オ 00100010X 2

日 ●伊藤大海
オ ○山崎福也-宇田川優希-阿部翔太-S山崎颯一郎

関連リンク

試合詳細/動画
伊藤大海が8回120球2失点の力投 2試合連続HQSを記録
山崎颯一郎 変化球の進化
【鈴木優の留学便り Vol.6】チェイスフィールドで子どもの野球人口減少について考える

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE