ゴールデングラブ受賞選手のほかに票を集めたのは? パの外野手たちを紹介

パ・リーグ インサイト

2022.11.19(土) 07:00

左から島内宏明選手、柳田悠岐選手、西川遥輝選手、荻野貴司選手(C)パーソル パ・リーグTV
左から島内宏明選手、柳田悠岐選手、西川遥輝選手、荻野貴司選手(C)パーソル パ・リーグTV

 11月14日に今シーズンの三井ゴールデン・グラブ賞が発表された。パ・リーグの外野手部門で選ばれたのは、千葉ロッテ・高部瑛斗選手(初選出・178票)、東北楽天・辰己涼介選手(2年連続2回目・175票)、オリックス福田周平選手(初選出・79票)の3名。3選手以外にはどのような選手に票が入れられたのか。外野手部門の4位以下の選手たちを紹介する。

柳田悠岐(福岡ソフトバンク・69票)

 柳田悠岐選手は2014年にゴールデングラブ初受賞を果たすと、持ち前の強肩と高い身体能力で数々の好プレーを披露し、2021年までに6度同賞を受賞した。今季は指名打者での出場も多く、外野手としての試合数は84試合にとどまったが、強肩は健在。好返球でファンをざわつかせたシーンもあった。

西川遥輝(東北楽天・66票)

 西川遥輝選手は2017年に初受賞し、2020年まで4年連続で受賞。自慢の足を生かした広い守備範囲で多くのピンチを救ってきた。新天地に移籍して迎えた今季は、リーグトップとなる10捕殺を記録。正確な送球で多くのアウトを奪った。

島内宏明(東北楽天・41票)

 島内宏明選手は2016年から2022年まで7年連続で守備の規定試合数をクリア。今季は最多安打と昨季に続き打撃で存在感を示す一方で、自身3度目となるシーズン守備率10割を記録した。ゴールデングラブ受賞歴はないものの、堅実な守備でチームを支えている。

荻野貴司(千葉ロッテ・36票)

 荻野貴司選手は2019年に自身初の規定打席に到達し、その年にベストナイン、ゴールデングラブ賞を初受賞。昨季は全試合に外野手として出場すると、エラー0と安定した守備で2度目の受賞となった。今季はケガもあり89試合の出場にとどまったが、持ち味である俊足と積極性で数多くのファインプレーを生んだ。

 ほかにも期待の若手たちに票が集まった。今季自己最多となる107試合に出場した福岡ソフトバンク・柳町達選手は、97試合で無失策と安定感ある守備でも貢献。埼玉西武の辻発彦前監督からも守備を評価されていた愛斗選手や、外野全ポジションに加えファーストも守ったオリックス・中川圭太選手も投票された。来季は彼らのさらなるブレイクに期待したい。

 また、今季は受賞者なしと悔しい結果になった北海道日本ハムからも2選手を紹介。首位打者を獲得した松本剛選手は、シーズン途中のケガもあり指名打者での出場も多かったが、リーグ4位の7捕殺を記録した。万波中正選手は、持ち味である強肩で存在感を放った。来季は北海道日本ハムの選手から受賞者は出るか。

関連リンク

第51回 三井ゴールデン・グラブ賞 パの受賞選手とコメント一覧
ついに新球場の天然芝フィールドが公開! 選手たちの戦う場が明らかに
一瞬の隙を突く一打。珠玉のセーフティーバント特集
何度見ても熱い! 2022年シーズンのグランドスラムを動画で振り返る

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE