山本由伸が5回途中4失点。オリックスが「SMBC日本シリーズ2022」黒星スタート

パ・リーグ インサイト

2022.10.22(土) 22:26

オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月22日、神宮球場で行われた東京ヤクルトとオリックスの「SMBC日本シリーズ2022」第1回戦は、3対5でオリックスが敗戦した。

 初戦のマウンドを託されたエース・山本由伸投手だったが、1回裏、2死1、2塁からオスナ選手の適時二塁打で2点を失う。しかし打線は直後の2回表、先頭の吉田正尚選手が四球で出塁し、西野真弘選手、若月健矢選手の連打で1死満塁とチャンスを拡大。この場面で紅林弘太郎選手が適時打を放つなど、2点を奪いすぐさま同点に追い付いた。

 山本投手は3回裏、塩見泰隆選手に勝ち越しソロを被弾、続く4回裏にもオスナ選手に一発を浴びる。5回裏は先頭打者に3球を投じた後、左脇腹の違和感を訴えて降板。後を受けた比嘉幹貴投手が後続をピシャリと抑え、2対4で試合は折り返した。

 6回以降は本田仁海投手、阿部翔太投手がつなぎ、迎えた8回表。西野真弘選手の安打などで2死2塁とすると、代打・T-岡田選手が初球をセンター前へ運び、1点差に詰め寄る。ところが8回裏、平野佳寿投手が村上宗隆選手に1号ソロを許し、再び2点差に。最終9回表は、1死から中川圭太選手が安打で出塁するなど、1死1、2塁の好機を得るも、後続が倒れ3対5で試合終了。

 オリックスは、山本投手が5回途中4安打2本塁打1四球4奪三振4失点。一方の打線は、紅林選手が2安打1打点、8回表には代打・T-岡田選手に適時打が生まれたものの及ばず。10安打を放ちながらも3得点にとどまり、「SMBC日本シリーズ2022」は黒星スタートとなった。

  123456789 計
オ 020000010 3
ヤ 20110001X 5

オ ●山本由伸-比嘉幹貴-本田仁海-阿部翔太-平野佳寿
ヤ ○小川泰弘-木澤尚文-田口麗斗-清水昇-Sマクガフ

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細
山本由伸 選手名鑑
紅林弘太郎 動画/成績
T-岡田 選手名鑑
26年ぶりの日本一へ。オリックスの“変化”と“上積み”に迫る

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE