福岡ソフトバンクが連勝でファーストステージ突破! 柳田悠岐が先制満塁弾

パ・リーグ インサイト

2022.10.9(日) 17:17

福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月9日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の「2022 パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ第2回戦は、8対2で福岡ソフトバンクが勝利。連勝でファイナルステージ進出を決めた。
 
 福岡ソフトバンクの先発は東浜巨投手。注目の立ち上がりは、外崎修汰選手を内野フライに打ち取ると、平沼翔太選手と森友哉選手を連続三振に仕留めて3者凡退に抑える。2回以降は走者を出しながらも要所を締める投球を披露した。

 打線は3回裏、埼玉西武先発・今井達也投手から四死球でチャンスを得ると、2死満塁の好機で柳田悠岐選手に打席が回ってくる。2球目の変化球を捉えると、ライトスタンドに吸い込まれるグランドスラムとなり4点を先制。4回裏には、2死2塁の好機で甲斐拓也選手が適時打を放ち、スコアを5対0とした。

 援護を受けた東浜投手は、5回表に金子侑司選手の適時二塁打で1点を失うが、5回86球4安打1四球3奪三振1失点で試合をつくり降板。6回表からは大関友久投手が登板し、森選手から始まる好打順を3者凡退に仕留める。7回表は続投した大関投手と松本裕樹投手で無失点に抑えた。

 打線は7回裏、三森大貴選手、牧原大成選手の適時打で追加点を挙げると、8回裏にも甲斐選手の適時打が生まれる。7点リードで迎えた9回表はレイ投手がマウンドへ。先頭の山川穂高選手に本塁打を許すが、そのまま逃げ切り8対2で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発した東浜投手が5回1失点の力投。救援陣も相手打線の反撃を最小限に抑えた。打線は柳田選手が連日の本塁打でチームに勝利を呼び込んだ。一方の埼玉西武は、先発した今井投手が4回5失点と粘れず、「パーソル CS パ」ファーストステージ敗退となった。

  123456789 計
西 000010001 2
ソ 00410021X 8

西 ●今井達也-本田圭佑-スミス-増田達至-公文克彦-平良海馬
ソ ○東浜巨-大関友久-松本裕樹-藤井皓哉-レイ

文・木村圭

関連リンク

試合詳細/動画
【動画】柳田悠岐 『空前絶後の超変態・バースデー・弾丸グランドスラム!!!!!』
【動画】貴重なタイムリーも『甲斐拓也は囲まれてしまった…!!』
東浜巨 選手名鑑
パ6球団のプライズ「球缶」が10月11日より全国のゲーセンに順次登場

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE