【ファーム】二木康太が7回3安打1失点の好投。千葉ロッテが接戦を制す

パ・リーグ インサイト

2022.10.1(土) 15:58

千葉ロッテマリーンズ・二木康太投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・二木康太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月1日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第14回戦は、2対1で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは初回、平沢大河選手の二塁打と2四球で1死満塁のチャンスをつくると、藤岡裕大選手の犠飛で1点を先制。先発の二木康太投手も、1回裏、2回裏とそれぞれ3人で退ける。

 二木投手は3回裏に、宮田輝星選手の1号ソロで1点を失ったが、4回以降は相手打線をわずか1安打に封じ、7回104球3安打1四球6奪三振1失点で降板。後を受けた国吉佑樹投手も8回裏を3者凡退に抑える。

 すると、1対1で迎えた9回表。2死から加藤匠馬選手が内野安打を放ち、相手の悪送球の間に進塁する。ここで、西巻賢二選手に適時内野安打が生まれ勝ち越しに成功。1点リードの9回裏を成田翔投手が締め、2対1で試合は終了した。

 千葉ロッテは、二木投手が7回1失点と安定感のあるピッチングを披露。打線は9回に、相手の隙を突いた攻撃を見せ、手に汗握る接戦を制した。一方の北海道日本ハムは、投手陣が細かい継投でつないだものの、宮田選手の本塁打で挙げた1得点のみにとどまった。

  123456789 計
ロ 100000001 2
日 001000000 1

ロ 二木康太-○国吉佑樹-S成田翔
日 福島蓮-生田目翼-齊藤伸治-西村天裕-望月大希-長谷川凌汰-谷川昌希-●柿木蓮

文・高橋優奈

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!

関連リンク

試合詳細/動画
二木康太 選手名鑑
西巻賢二 動画/成績
【動画】サントスのダイビングキャッチ
きつねダンス原曲歌うYlvis(イルヴィス)独占インタビュー

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE