今宮健太が先制4号ソロ! 7投手の完封リレーで福岡ソフトバンクが勝利

パ・リーグ インサイト

2022.9.2(金) 21:41

福岡ソフトバンクホークス・今宮健太選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・今宮健太選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月2日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第18回戦は、4対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発は東浜巨投手。多彩な変化球とキレのある直球でアウトを重ねていく投球を展開。3回表に、2死から安打と四球でピンチを招いたが、源田壮亮選手を空振り三振に仕留めて、序盤3回を無失点で抑えた。

 打線は4回まで埼玉西武の先発・投手松本航投手を捉えきれず、得点することができない。しかし5回裏に、先頭の今宮健太選手が「真っ直ぐが速いピッチャーなので、とにかくコンタクトすることだけを考えました」と打席に入ると、松本投手の直球を振り抜く。打球は左中間スタンドに飛び込む4号ソロとなり、先制に成功した。

 先制点をもらった東浜投手だったが、6回表に2死満塁のピンチを招いたところでアクシデントも重なり降板。ここで登板した松本裕樹投手が栗山巧選手を空振り三振に打ち取って、無失点で切り抜けた。

 すると打線は直後の6回裏、先頭の三森大貴選手が内野安打で出塁すると、増田珠選手が初球で犠打を決めてチャンスを演出する。その後、2死3塁からデスパイネ選手が適時打を放ち、貴重な1点を追加。7回裏にも、失策と三森選手の適時打で追加点を挙げ、リードを4点に広げた。

 投手陣は7回以降、小刻みに継投して相手打線を抑える。0対4で迎えた9回表は、モイネロ投手が登板。先頭打者に安打を打たれたものの、後続を打ち取り試合終了。勝利した福岡ソフトバンクは、先発した東浜投手が5.2回99球4安打2四球6奪三振無失点の好投で試合をつくると、今宮選手の本塁打で先制。終盤にも打線がつながり突き放した。一方敗れた埼玉西武は、先発した松本投手を打線が援護できず、完封負けを喫した。

  123456789 計
西 000000000 0
ソ 00001120X 4

西 ●松本航-宮川哲-佐藤隼輔
ソ ○東浜巨-松本裕樹-津森宥紀-嘉弥真新也-泉圭輔-藤井皓哉-モイネロ

文・木村圭

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
先制ホームランの今宮健太をチェック
好リリーフした松本裕樹の選手名鑑
デスパイネ 成績/動画
コーディネートに取り入れたい ファッショナブルなパ・リーググッズ

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE