千葉ロッテ・小川龍成が好判断を見せ『6-5-6-4』の変則ゲッツーを奪う

パ・リーグ インサイト

2022.8.31(水) 20:35

千葉ロッテマリーンズ・小川龍成選手の好判断(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・小川龍成選手の好判断(C)パーソル パ・リーグTV

◇福岡ソフトバンク対千葉ロッテ 第19回戦(31日・PayPayドーム)

 千葉ロッテの小川龍成選手が好判断を見せ、変則的な併殺を奪う場面が生まれた。

 1回裏、先発の石川歩投手は1番・今宮健太選手に出塁と盗塁を許し、いきなり無死2塁のピンチを背負う。ここで2番・野村勇選手が放った打球は、ショートを守る小川龍成選手のもとへ。小川選手はまず、2走の今宮選手を二三塁間の挟殺プレーでアウトに。さらにすぐさまセカンドベースへ送球し、打者走者もアウトにした。

 この好判断を見せた小川選手は、7月下旬に一軍に再昇格し8月からはスタメンとしての出場機会も増えてきた。遊撃手の定位置が定まらないなか、若手から頭一つ飛び出しつつある。

文・小野寺穂高

「パ・リーグ.com」ではパ・リーグのニュースを更新中!
本日の試合詳細/動画はこちら

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE