福岡ソフトバンクは杉山一樹が2勝目を目指す。オリックスは中川圭太が絶好調

パ・リーグ インサイト

2022.8.11(木) 21:32

福岡ソフトバンクホークス・杉山一樹投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・杉山一樹投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月12日の18時から、PayPayドームで福岡ソフトバンクとオリックスの第18回戦が行われる。

【今季対戦成績】福岡ソフトバンク(2位)対オリックス(3位)8勝9敗

【福岡ソフトバンク】杉山一樹投手 8試合1勝3敗、防御率7.05
【オリックス】竹安大知投手 3試合1勝0敗、防御率2.40

 福岡ソフトバンクの先発は、今季2勝目を目指す杉山一樹投手。急きょ先発となった前回(5日)の東北楽天戦では、4.1回85球6安打3四球1失点の力投を見せるも、5回を投げ切れず悔しさが残った。課題の制球力を改善し、球数を抑えて長いイニングを投げられるか。

 対するオリックスは、中川圭太選手が最近6試合で23打数10安打と絶好調。前日も3安打1打点と躍動した。吉田正尚選手、杉本裕太郎選手とともに恐怖のクリーンナップを形成したい。

文・波多野瞭平

関連リンク

パ・リーグ順位表/個人成績
杉山一樹 選手名鑑
中川圭太の直近成績をチェック
福岡ソフトバンクが生んだ球界初の男性パフォーマーとは!?
リアル岩鬼は誰!?至高の打撃技術「悪球打ち」まとめ

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE