金曜12連敗中……東北楽天は勝ち頭・岸孝之が登板。対する埼玉西武は今井達也

パ・リーグ インサイト

2022.8.11(木) 21:31

東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月12日の18時から、楽天生命パーク宮城で東北楽天と埼玉西武の第18回戦が行われる。

【今季対戦成績】東北楽天(4位)対埼玉西武(1位)5勝11敗1分

【東北楽天】岸孝之投手 16試合7勝5敗、防御率2.96、勝率.583(3位タイ)
【埼玉西武】今井達也投手 5試合2勝1敗、防御率3.30

 東北楽天は岸孝之投手が先発。埼玉西武との対戦は、今季初白星を挙げた4月6日以来、2戦目となる。チームは5月13日から、金曜日のゲームで12連敗中と“魔の金曜日”とも言うべき状況。ここに終止符を打つべく、チームの勝ち頭・岸投手を今季初めて金曜日に先発させる。首位直接対決のカード初戦、勝って久々に“華の金曜日”となるか。

 一方の首位・埼玉西武は、前カードで2度のサヨナラ負けを喫するなど、今週前半は厳しい内容となった。今カード初戦の先発は東北楽天と今季初対戦の今井達也投手。援護を期待したい打線では源田壮亮選手が月間打率.395と好調だ。攻守でチームをけん引するキャプテンに、今試合でも注目したい。

文・小野寺穂高

関連リンク

パ・リーグ順位表/個人成績
【動画】岸孝之『見るもの全てを魅了するストレート』
今井達也 選手名鑑
投高打低のシーズンに他を圧倒。2011年の中村剛也と2022年の山川穂高をデータで比較
西武ライオンズが決断した「チケットのセカンダリーサービス」という選択

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE