川越誠司が決めた! 埼玉西武が2夜連続のサヨナラ勝ちで4連勝

パ・リーグ インサイト

2022.8.5(金) 22:04

埼玉西武ライオンズ・川越誠司選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・川越誠司選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月5日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第17回戦は、埼玉西武が4対3でサヨナラ勝ちを収め、連勝を「4」に伸ばした。

 埼玉西武の先発は今井達也投手。初回、いきなり先頭から連続四球を出し、2死1、2塁から佐藤都志也選手の6号3ランで3点を先制される。2回以降はなんとか粘って無失点とすると、打線は4回裏に山川穂高選手の31号ソロ、続く5回裏には2死1、2塁から外崎修汰選手の適時打で1点差に迫った。

 6回裏と7回裏は無得点に終わるも、8回裏に2死3塁とし、暴投で同点に追い付く。9回表は平良海馬投手が3者凡退に打ち取ると、9回裏に先頭の中村剛也選手が相手の失策で出塁。しかし後続が続かず、試合は延長戦に。

 10回表は増田達至投手が一軍復帰登板を無失点に抑え、迎えた10回裏。先頭の川越誠司が放った打球はライトスタンドまで届き、サヨナラ本塁打となった。勝利した埼玉西武は、先発・今井投手が5回5安打7四死球5奪三振3失点。2番手・スミス投手が3回を無失点に抑える好救援を見せると、終盤に同点に追い付き、2試合連続のサヨナラ勝利を収めた。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発の石川歩投手が7回6安打1死球3奪三振2失点の力投。打線は佐藤都選手が6号3ランを放つなど2安打3打点の活躍を見せるも、リードを守りきれず3連敗となった。

  12345678910  計
ロ 3000000000  3
西 0001100101X 4

ロ 石川歩-ゲレーロ-唐川侑己-●佐々木千隼
西 今井達也-スミス-平良海馬-○増田達至

文・成田理亮

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
試合を決めた!川越誠司をチェック
スミス 選手名鑑
山川穂高が本拠地通算100号を達成!
西武ライオンズが決断した「チケットのセカンダリーサービス」という選択

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE