今季初先発の池田隆英が6回0封! 北海道日本ハムが4連勝を飾る

パ・リーグ インサイト

2022.7.10(日) 16:15

北海道日本ハムファイターズ・池田隆英投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・池田隆英投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月10日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第15回戦は、2対0で北海道日本ハムが接戦を制し、4連勝を飾った。

 福岡ソフトバンク・石川柊太投手、北海道日本ハム・池田隆英投手の両先発で始まった試合は、投手戦が展開された。石川投手は球数を要しながらも、鋭く曲がる変化球を武器に三振の山を築く。一方の池田投手も5回まで福岡ソフトバンク打線をわずか3安打に封じ込み、スコアボードには0が並んだ。

 試合が動いたのは6回表。松本剛選手の安打と上川畑大悟選手の犠打で1死2塁と好機を演出すると、近藤健介選手が適時打を放ち先制に成功。野村佑希選手も安打でつないで1死1、3塁から清宮幸太郎選手にも適時二塁打が生まれ、この回2点を挙げた。

 池田投手は6回裏を3者凡退で切り、6回3安打3奪三振無四球無失点で降板。7回以降は福田俊投手、玉井大翔投手、石川直也投手が無失点リレーを披露し、9回裏はロドリゲス投手がマウンドへ。1死を奪うも周東佑京選手に安打を浴び、堀瑞輝投手に交代。柳田悠岐選手に安打、リチャード選手に四球を与えて2死満塁のピンチを招くも、最後は松田宣浩選手を三ゴロに仕留め2対0で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、今季初先発の池田投手が6回3安打無失点の好投。打っては近藤選手が先制打、清宮選手は5試合連続打点を挙げた。一方惜敗した福岡ソフトバンクは、石川投手が7回6安打2四球9奪三振2失点と粘り強い投球を見せたものの、打線が終盤の好機を生かせず、チームは4連敗を喫した。

  123456789 計
日 000002000 2
ソ 000000000 0

日 ○池田隆英-福田俊-玉井大翔-石川直也-ロドリゲス-S堀瑞輝
ソ ●石川柊太-松本裕樹-森唯斗

文・高橋優奈

関連リンク

【動画】池田隆英 今季初先発で好投を披露
【動画】近藤健介 均衡を破る先制打
【動画】清宮幸太郎 適時二塁打で追加点
【動画】ルーキー・阪口樂がプロ初ヒット

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE