11安打7得点の北海道日本ハムが連勝! 伊藤大海は8回135球2失点の力投

パ・リーグ インサイト

2022.7.9(土) 21:34

北海道日本ハムファイターズ・伊藤大海投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・伊藤大海投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月9日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第14回戦は、7対2で北海道日本ハムが連勝し、カード勝ち越しを決めた。

 北海道日本ハムの先発は伊藤大海投手。初回に4番・柳田悠岐選手の適時打で2点を失うも、2回裏、3回裏をそれぞれ無失点で抑える。

 すると打線は4回表、1死2塁から7番・ヌニエス選手が4号2ランをたたき込み、試合を振り出しに戻す。さらに5回表、松本剛選手と上川畑大悟選手の連打で無死1、3塁とチャンスメイク。ここで近藤健介選手が犠飛を放ち、勝ち越しに成功すると、7回表には清宮幸太郎選手の11号ソロで1点を追加した。

 伊藤投手は立ち上がりこそ不安定だったが、以降は追加点を与えず、8回135球5安打2四球8奪三振2失点(自責点1)の内容で降板。9回表には近藤選手の適時打、野村佑希選手の6号2ランで3点を挙げると、5点リードの9回裏をロドリゲス投手が3者凡退に抑え、7対2で試合は終了した。

 勝利した北海道日本ハムは、伊藤投手が8回135球2失点(自責点1)の力投を見せると、打線も11安打7得点と奮起。なお、4安打を放った松本剛選手は打率を.362に上げている。

 一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発の東浜巨投手が5.2回7安打1本塁打4四死球4奪三振3失点。初回に先制するもその後は伊藤投手を捉えきれず、チームは3連敗となった。

  123456789 計
日 000210103 7
ソ 200000000 2

日 ○伊藤大海-ロドリゲス
ソ ●東浜巨-笠谷俊介-武田翔太-尾形崇斗

文・高橋優奈

関連リンク

【動画】ヌニエス 左翼席への同点2ラン
【動画】近藤健介のスーパーキャッチ
【動画】清宮幸太郎が11号ソロを放つ!
【動画】伊藤大海 8回135球2失点の力投

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE