【ファーム】武田翔太が6回7奪三振2失点! 救援も好投し福岡ソフトバンクが勝利

パ・リーグ インサイト

2022.7.2(土) 16:20

福岡ソフトバンクホークス・武田翔太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・武田翔太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月2日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクのファーム交流戦、第1回戦は3対2で福岡ソフトバンクが接戦を制した。

 福岡ソフトバンクは3回表、相手先発・金子千尋投手からガルビス選手の適時二塁打で先制に成功。さらに4回表、笹川吉康選手の3号ソロでスコアを2対0とした。しかし、先発・武田翔太投手は高濱祐仁選手、王柏融選手に連打を浴びてピンチを背負うと、古川裕大選手の適時二塁打と細川凌平選手の内野ゴロの間に失点し、同点に追い付かれてしまう。

 打線は同点で迎えた7回表、2死から伊藤大将選手が三塁打でチャンスをつくると、高田知季選手の適時内野安打で勝ち越し。7回裏からは重田倫明投手が登板し、2イニングを無失点に抑える。9回裏は泉圭輔投手が先頭・難波侑平選手の二塁打を許したものの、得点は与えず試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、ガルビス選手が先制打を含む2安打の活躍。投手陣は、先発・武田投手が6回105球6安打1四球7奪三振2失点の好投を見せ、重田投手、泉投手とつないでリードを守り切った。一方敗れた北海道日本ハムは、先発・金子投手が6.2回99球9安打無四球5奪三振3失点と試合をつくったが、打線が中盤以降得点を奪えなかった。

  123456789 計
ソ 001100100 3
日 000200000 2

ソ ○武田翔太-重田倫明-S泉圭輔
日 ●金子千尋-北浦竜次-古川侑利-谷川昌希

文・長谷川月人

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】ガルビスの先制タイムリー!
【動画】武田翔太 先発の役割を果たす好投
【動画】高田知季 勝ち越しのタイムリー内野安打!
ついに屋根が動いた!?現在のエスコンフィールド

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE