吉田正尚が逆転弾を含む2安打3打点! 田嶋大樹は7回1失点で4勝目

パ・リーグ インサイト

2022.6.29(水) 21:17

オリックス・バファローズ・吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月29日、ほっともっとフィールド神戸で行われたオリックスと東北楽天の第11回戦は、6対1でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発は田嶋大樹投手。2回表に2死1塁から、1番・小深田大翔選手の適時二塁打で1点を先制されるも、以降は要所を締めた投球で追加点を与えない。

 一方の打線は1点を追う4回裏、先頭の3番・中川圭太選手が安打で出塁すると、続く吉田正尚選手が右翼席へ7号2ランをたたき込み、逆転に成功する。さらに5回裏、若月健矢選手、福田周平選手、宗佑磨選手の安打で得た1死満塁の好機から中川圭選手の適時二塁打で2点を追加。吉田正選手には犠飛が生まれ、リードを4点に広げた。

 援護をもらった田嶋投手は、6回表、7回表をそれぞれ3人で抑え、7回9安打2四球4奪三振1失点で降板。直後の7回裏は、2死から吉田正選手の二塁打でチャンスをつくると、5番・杉本裕太郎選手が適時打を放ち、5点差に突き放した。

 8回表を近藤大亮投手が3者凡退に抑え、最終9回表は本田仁海投手がマウンドへ。2死から2者連続で四球を与えたが、最後は鈴木大地選手を中飛に打ち取り、6対1で試合終了。勝利したオリックスは、田嶋投手が7回1失点の好投で今季4勝目をマーク。打線では中川圭選手が2安打2打点、吉田正選手が逆転弾を含む2安打3打点、杉本選手にも適時打が生まれるなどクリーンナップの活躍が光った。

 一方敗戦した東北楽天は、先発の岸孝之投手が4.1回8安打1本塁打1四球4奪三振5失点。小深田選手の適時二塁打で先制に成功したものの、3回以降は好機であと一本が出ず、散発9安打1得点に終わった。

  123456789 計
楽 010000000 1
オ 00023010X 6

楽 ●岸孝之-福井優也-酒居知史-宋家豪-西垣雅矢
オ ○田嶋大樹-近藤大亮-本田仁海

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】安達了一 華麗なダイビングキャッチ
【動画】吉田正尚 4番の一振りで逆転!
【動画】中川圭太 センターオーバーの二塁打
【動画】神戸の夜空を彩る花火ナイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE