大関友久が9回6奪三振0封。牧原大成の本塁打などで得点を重ねた鷹が勝利

パ・リーグ インサイト

2022.6.25(土) 21:01

福岡ソフトバンクホークス・大関友久投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・大関友久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月25日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第11回戦は、3対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは中盤4回裏、この回先頭の今宮健太選手が四球で出塁すると、柳町選手の安打などで1死2、3塁とチャンスを拡大。海野隆司選手の内野ゴロの間に先制に成功すると、三森大貴選手の犠打で1点を追加した。

 一方の福岡ソフトバンク先発・大関友久投手は立ち上がりに安打を許すも、3回以降は毎イニング3者凡退に抑える投球で試合を進めていく。6回表には安打を浴びたが、ここを切り抜けると、7回表も3人で抑え、8回表は北海道日本ハムの代打攻勢を3者凡退に打ち取った。

 一方の打線は終盤8回表、北海道日本ハム4番手・河野竜生投手から、牧原大成選手が5号ソロを放ち、点差を広げる。3点リードで迎えた最終9回表も大関投手がマウンドに上がり、上位打線を3者凡退に抑えて、3対0で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは先発の大関投手が9回4安打無四球6奪三振。北海道日本ハムを寄せ付けない圧巻の投球で、自身2度目となる完封を成し遂げた。打線は7選手に安打が生まれるなど躍動。終盤まで攻撃の手を緩めず、勝利を確実なものにした。

 一方敗れた北海道日本ハムは、伊藤大海投手が6回6安打2四球3奪三振2失点の粘投。打線は、大関投手を捉えきることができず。ヌニエス選手に来日初の三塁打が生まれるも、チームとしては計4安打と課題を残す結果となった。

  123456789 計
日 000000000 0
ソ 00020001X 3

日 ●伊藤大海-福田俊-石川直也-河野竜生
ソ ○大関友久

文・鈴木優菜

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
大関友久の動画/成績をチェック
【動画】海野隆司が食らいつき野選で先制に成功
【動画】牧原大成の5号ソロで追加点!
パ・リーグを観戦したら買ってほしいご当地グッズ

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE