銀次『“技ありを超越” 芸術的ポテンヒット』今季初の猛打賞も記録

2022.6.24(金) 22:20 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・銀次選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・銀次選手(C)パーソル パ・リーグTV

◇東北楽天 3対4 埼玉西武 第9回戦(24日・楽天生命パーク宮城)

 東北楽天の銀次選手は初回、2死1、2塁で第1打席を迎えると、埼玉西武の先発・高橋光成投手の4球目を捉え、先制打を放った。

 銀次選手の代名詞ともいえる、逆方向へのポテンヒット。地元・岩手で開催の前試合では無安打に終わったが、2試合ぶりのこの安打を機に、勢いは増した。3回裏の第2打席でも逆方向へ安打を放つと、5回裏の第3打席は中前へお手本のような安打を弾き返す。

 今季は途中出場が多かったため、固め打ちのチャンスがなかったが、今試合では4打数3安打。試合終了後の打率は.314まで上昇している。

◇銀次選手 第1打席後のコメント
「打ったのはフォークですね。形関係なく、必死で食らいつきました。それだけです」


文・小野寺穂高

関連リンク

【6/24 結果】川越誠司が1号含む3打点&好守! 5投手のリレーで埼玉西武が接戦を制す
【線上ビタッ!!】銀次『“技ありを超越” 芸術的ポテンヒット』
「パ・リーグ.com」ではパ・リーグのニュースを更新中!
本日の試合詳細/動画はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM