サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

柳田悠岐が10号先制2ラン! 投打かみ合い福岡ソフトバンクが連敗ストップ

2022.6.24(金) 21:30 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月24日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第10回戦は、5対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、先頭の三森大貴選手が粘って四球を選ぶと、3番・柳田悠岐選手がライトポール際への豪快な10号2ランを放ち、2点を先制する。続く2回裏には安打と四球で2死1、2塁から三森選手の適時打で1点を追加。4回裏には2死2塁から周東佑京選手にも適時打が飛び出し、リードを広げる。

 先発の千賀滉大投手は、初回に二塁打と四球などで2死1、3塁のピンチを招くも、ここは盗塁阻止で無失点に。2回表に淺間大基選手の4号ソロで1点を失ったが、その後は安定感ある投球で、4回までを3安打1失点に抑える。続く5回表を3者凡退に打ち取ったところで降板した。

 6回表からは津森宥紀投手が登板。2四球で2死1、2塁のピンチを招くも、打率リーグトップの松本剛選手を遊ゴロに打ち取り、得点は与えない。7回表は藤井皓哉投手、8回表は甲斐野央投手がそれぞれ1回を無失点に抑えると、最終回は松本裕樹投手がマウンドに上がり、試合を締めた。

 勝利した福岡ソフトバンクが連敗を「2」で止めた。先発の千賀投手が5回3安打5三振1四球1失点の好投で今季6勝目。打線では三森選手が2安打1打点2盗塁、デスパイネ選手も2安打をマークした。

 一方敗れた北海道日本ハムは、先発の上沢直之投手が5.1回9安打2三振3四球5失点と試合をつくれず。打線では淺間選手が存在感を発揮したが、チームとしては散発の4安打に終わり、6連敗となった。

  123456789 計
日 010000000 1
ソ 21010100X 5

日 ●上沢直之-河野竜生-柿木蓮-福田俊-鈴木健矢
ソ ○千賀滉大-津森宥紀-藤井皓哉-甲斐野央-松本裕樹

文・杉森早翔

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】柳田悠岐が豪快な先制弾を放つ!
【動画】技ありの一打! 三森大貴のタイムリーで追加点!
【動画】甲斐拓也 25打席ぶりのヒットは貴重なタイムリー!
【動画】淺間大基 ポール際への一発で1点を返す!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM