山岡泰輔が2018年以来の完封勝利。吉田正尚に一発が生まれたオリックスが3連勝

2022.6.24(金) 21:05 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月24日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第10回戦は、5対0でオリックスが勝利。強風の中で行われた一戦を制し、チームは連勝を「3」に伸ばした。

 オリックス先発の山岡泰輔投手は、初回を3者凡退に抑えると、以降もテンポの良い投球を披露。5回までを60球で2安打無失点に抑えた。

 打線は2回表、安達了一選手、佐野皓大選手の連打で無死1、3塁から、伏見寅威選手の併殺打の間に1点を先制。6回表には四球と敵失策で1死1、2塁から、紅林弘太郎選手の適時打、福田周平選手のスクイズで2点を追加する。

 援護をもらった山岡投手は6回以降も変わらぬ投球を展開。7回裏に安打と四球で招いた2死1、2塁のピンチを無失点に抑え、8回裏は3者凡退に切る。打線が9回表に吉田正尚選手の5号2ランで追加点を挙げると、9回裏も山岡投手がマウンドへ。先頭に安打を浴びたが、後続を併殺に仕留めて得点は与えず、5対0で試合は終了した。

 勝利したオリックスは、山岡投手が9回108球4安打3四死球5奪三振無失点で4年ぶりの完封勝利。打線では吉田正選手、安達選手、紅林選手が2安打をマークした。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発の本前郁也投手が5.1回101球5安打5四球5奪三振3失点で今季初黒星。打線では「5番・指名打者」で先発出場した角中勝也選手が2安打で起用に応えたが、チーム計4安打無得点に終わった。

  123456789 計
オ 010002002 5
ロ 000000000 0

オ ○山岡泰輔
ロ ●本前郁也-小野郁-西野勇士-オスナ-八木彬

文・東海林諒平

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】紅林弘太郎 6試合連続安打で貴重な追加点を奪う
【動画】福田周平 セーフティスクイズ
【Monday パ】ノーノー達成の山本由伸が奪三振ランキング2位に浮上
交流戦の戦いぶりはシーズン全体の成績に影響?昨季を振り返る

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM