新庄剛志監督「あんま言うことないよ、こんな負け」 4点リード守れず痛恨逆転負け

2022.6.17(金) 22:34 Full-Count
北海道日本ハム・新庄剛志監督※写真提供:Full-Count(写真:町田利衣)
北海道日本ハム・新庄剛志監督※写真提供:Full-Count(写真:町田利衣)

先発の上沢直之が7回無失点の好投も…救援陣が大乱調

■千葉ロッテ 7対4 北海道日本ハム(17日・札幌ドーム)

 北海道日本ハムは17日、札幌ドームで行われた千葉ロッテ戦で4対7と逆転負けを喫し、今季2度目の4連勝はならなかった。先発した上沢直之投手が7回無失点と好投したものの、救援陣が踏ん張れず。4点リードを守れなかった展開に、新庄剛志監督は試合後「すんなり終わると思ったけどね……」と力なく語った。

 4-0で迎えた8回、上沢に代わって登板した石川が高部、角中、荻野の3連打と中村奨の犠飛で2点差に詰め寄られると、9回にはドラフト8位ルーキー・北山が大乱調。無死2、3塁から安田の左前適時打で1点差とされ、さらに一、三塁から一走の岡が二盗。捕手の宇佐見の送球が逸れたところでスタートを切った三走の和田が本塁に突入し、新庄監督のリクエストもむなしく判定はセーフ。4-4の同点とされた。

 さらに二死満塁から中村奨に左中間へ走者一掃の二塁打を浴び、スコアは4-7。新庄監督はここで北山をあきらめ、4番手の古川侑をマウンドへ送った。スコアボードにはあまりに大きい「5」が灯った。その裏の攻撃はあっさり3人で終わり、連勝は3でストップした。

 ビッグボスは「あんま言うことないよ、こんな負け」と呆然。4敗目を喫した北山については「キレがなかったというふうには見えた。またいい経験したんじゃないですか」と次回に期待した。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM