【ファーム】外崎修汰、ジャンセン、コドラドが本塁打! 浜屋将太は5回0封

2022.6.15(水) 16:16 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・外崎修汰選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・外崎修汰選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月15日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦第10回戦は、6対1で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は1回表、外崎修汰選手が三塁打で出塁し、呉念庭選手の適時打で先制に成功する。さらに2回表には四球と安打でチャンスをつくると、川野涼多選手の適時打で1点を追加した。

 先発のスミス投手は3回裏、先頭・藤岡裕大選手に内野安打で出塁を許すと、2死から好調の藤原恭大選手に適時三塁打を許す。なおも2死3塁のピンチだったが、最少失点で切り抜け、4回55球3安打無四死球2奪三振1失点でマウンドを降りた。

 打線は5回表にジャンセン選手と外崎選手の2者連続本塁打で追加点を挙げると、7回表には外崎選手の犠飛、8回表にはコドラド選手に来日初ホームランとなる1号ソロが飛び出した。一方の投手陣は、5回裏から登板した2番手・浜屋将太投手が5イニングを無失点に抑え、6対1で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、浜屋投手が5回62球4安打無四死球1奪三振無失点の好投。打線では、ジャンセン選手、外崎選手、コドラド選手が本塁打を放つなど、11安打で6得点を挙げた。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発・横山陸人投手が3回77球5安打1四球5奪三振2失点、リリーフ陣も4失点と粘れず。打線は7安打を放ったものの、3併殺とチャンスを広げることができなかった。

  123456789 計
西 110020110 6
ロ 001000000 1

西 スミス-○浜屋将太
ロ ●横山陸人-成田翔-小沼健太-中村稔弥-八木彬-田中靖洋

文・長谷川月人

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】ジャンセン、外崎修汰の2者連続ホームラン
【動画】コドラドの来日初ホームラン
【動画】藤原恭大のタイムリースリーベース
「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネル登録数が100万人突破!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM