12安打11得点の猛攻で埼玉西武が快勝! エンスは7回0封で4勝目をマーク

2022.6.12(日) 16:07 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・エンス投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・エンス投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月12日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と広島の「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、11対0で埼玉西武が快勝。交流戦全日程を9勝9敗で終えた。

 埼玉西武は1回裏、3番・オグレディ選手の7号ソロで幸先よく1点を先制する。2回裏には、2死満塁から押し出し四球で1点を追加。さらに3回裏、4番・山川穂高選手に20号2ラン、8番・外崎修汰選手にも3号2ランが生まれ、リードを6点に広げた。

 勢いが止まらない埼玉西武打線は4回裏、2番・源田壮亮選手が右中間へ適時三塁打を放つと、続くオグレディ選手はこの日2本目の8号2ランをたたき込み、この回3点を奪う。5回裏にも源田選手の適時打で1点を挙げ、スコアは10対0に。

 頼もしい援護をもらったエンス投手は、2回から4イニング連続で3者凡退に切るなど、テンポの良い投球を披露。以降も危なげない投球で広島打線を打ち取り、7回3安打5奪三振無失点でマウンドを降りた。

 8回表を宮川哲投手が無失点で抑えると、8回裏には古賀悠斗選手の犠飛で1点を追加。11対0で迎えた最終9回表は、ボー・タカハシ投手が締めて試合終了。埼玉西武は先発のエンス投手が7回3安打無失点の好投。打ってはオグレディ選手、山川選手、外崎選手に一発が生まれるなど、12安打11得点を挙げ、交流戦最後の試合を勝利で飾った。

  123456789 計
広 000000000 0
西 11431001X 11

広 ●アンダーソン-薮田和樹-森翔平-松本竜也
西 ○エンス-宮川哲-ボー・タカハシ

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】オグレディ 2試合連続弾で先制!
【動画】山川穂高 両リーグ最速の20号2ラン
【動画】外崎修汰 3号2ランをたたき込む
【動画】源田壮亮 復帰後初打点となる適時三塁打

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM