救援陣が僅差を守りきり埼玉西武が勝利! オグレディが先制弾、平沼翔太は4安打

2022.6.11(土) 17:49 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・オグレディ選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・オグレディ選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月11日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と広島の「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、2対1で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は初回、先発・松本航投手が3者凡退に抑えると、直後の攻撃でオグレディ選手の6号ソロが生まれ先制する。続く2回裏にも、1死2塁から古賀悠斗選手の鋭い打球が三塁方向を襲い、二塁打に。プロ初打点となるタイムリーで1点を追加し、リードを2点とした。

 松本投手は3回表、宇草孔基選手の適時打で1点を返される。4回表には1死満塁のピンチを招いたが、ここは後続を打ち取り切り抜けた。埼玉西武は5回から早めの継投に入るも、佐々木健投手が2四球で1死1、2塁として降板。後を受けた本田圭佑投手は満塁としたが、なんとか併殺に仕留め、無失点でつないだ。

 続く6回表は本田投手が回またぎで抑え、7回表は水上由伸投手が登板。テンポよく3者凡退とすると、続く8回表も平良海馬投手が危なげない投球を見せる。打線は走者を出しながらも得点できずにいたが、1点リードで迎えた9回表は増田達至投手が締め、試合終了。

 勝利した埼玉西武は、1カ月ぶりの一軍登板となった松本投手が4回5安打1失点という内容。しかし、5回以降はリリーフ陣が無失点でつなぎ、1点差を守りきった。一方の打線は、平沼翔太選手が4打数4安打2盗塁の大活躍。オグレディ選手の先制弾、古賀選手のプロ初打点で挙げた2点にとどまるも、毎回安打で相手に流れを渡さなかった。

  123456789 計
広 001000000 1
西 11000000X 2

広 ●森下暢仁-塹江敦哉-矢崎拓也
西 松本航-佐々木健-○本田圭佑-水上由伸-平良海馬-S増田達至

文・丹羽海凪

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】オグレディ ライトスタンドへ完璧な一発を放つ!
【動画】古賀悠斗がタイムリーツーベースでプロ初打点!
【動画】源田壮亮が1か月ぶりの復帰戦でヒット!
「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネル登録数が100万人突破!キャンペーン実施中!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM