先発・杉浦稔大が6回無失点の好投! 打線も爆発し北海道日本ハムが大勝

2022.6.11(土) 17:23 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・杉浦稔大投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・杉浦稔大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月11日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと中日の「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、10対0で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムは初回、相手先発・岡田俊哉投手の立ち上がりを攻める。2つの四球で、1死1、2塁と得点圏に走者を置くと、4番・松本剛選手がレフトへ適時二塁打を放ち、走者2人が生還。さらに続く野村佑希選手にも適時二塁打が生まれ、この回3点のリードを奪った。

 2回以降攻めあぐねる状況が続く打線だったが5回裏、野村選手、谷内亮太選手の連打で1死1、2塁と好機をつくる。すると続く7番・今川優馬選手がレフトへの適時二塁打を放ち、1点を追加。さらに、8番・石川亮選手が2ランスクイズを決め、6対0と突き放した。

 先発・杉浦稔大投手は、粘りの投球。初回から4回まで毎回走者を背負うも、要所を締め、得点を許さない。5回表に、この試合初めて相手打線を3者凡退に切って取ると、6回表も3者凡退に抑える投球を披露。尻上がりに調子を上げて6回を投げ切り、救援陣に後を託した。

 打線は7回裏に、今川選手、淺間大基選手の適時二塁打、8回裏にはヌニエス選手の犠飛で10対0とさらに突き放す。後を託された救援陣は、7回表を柿木蓮投手、8回表を福田俊投手とつなぎ、最終9回表は鈴木健矢投手がマウンドへ。相手打線を3者凡退に抑え、試合を締めた。

 勝利した北海道日本ハムは、先発の杉浦投手が好投。6回98球4安打1四球5奪三振無失点の投球内容で、チームに勝利をもたらした。打線もつながり、13安打10得点と爆発。野村選手が4安打、今川選手が3安打3打点の活躍でけん引した。なお、柿木投手がプロ初登板を記録している。

  123456789 計
中 000000000 0
日 30003031X 10

中 ●岡田俊哉-藤嶋健人-山本拓実-田島慎二-谷元圭介-マルク
日 ○杉浦稔大-柿木蓮-福田俊-鈴木健矢

文・谷島弘紀

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】松本剛 レフトへの2点タイムリーで先制
【動画】2ランスクイズ!石川亮 大事な場面で見事に決める
【動画】柿木蓮 プロ初登板を3者凡退に抑える!
「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネル登録数が100万人突破!キャンペーン実施中!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM