杉山一樹が6回5失点の乱調。打線の反撃及ばず福岡ソフトバンクがカード負け越し

2022.6.5(日) 17:26 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・杉山一樹投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・杉山一樹投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月5日、バンテリンドームで行われた中日と福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、3対7で福岡ソフトバンクが連敗を喫した。

 福岡ソフトバンクは初回、1死から周東佑京選手が二塁打で出塁すると、2死3塁からグラシアル選手の詰まった当たりが内野安打となり、1点を先制する。しかし、先発の杉山一樹投手は乱調。1回裏に2死からA.マルティネス選手に安打を許すと、ビシエド選手、阿部寿樹選手、木下拓哉選手に3者連続適時打を打たれ、1対3とされる。

 杉山投手は2回以降立ち直り、4回まで無失点に。打線は4回表、先頭のグラシアル選手が二塁打で出塁すると、1死3塁から牧原大成選手の犠飛で1点差に迫る。しかし5回裏、杉山投手が阿部寿樹選手の適時打で1失点。6回表に再び牧原選手の適時打で1点差とするが、その裏に岡林勇希選手に適時打を許し、またも点差は2点となった。

 7回裏は代わった藤井皓哉投手が無失点に抑えるも、8回裏には笠谷俊介投手が鵜飼航丞選手の適時二塁打、岡林勇希選手の適時打でスコアは3対7に。4点を追う最終回の攻撃は、走者を出しながらも無得点で試合終了。

 福岡ソフトバンクは、先発の杉山投手が味方が点をとったあとに粘れ切れず。6回8安打2四球5失点の内容で3敗目を喫した。打線はグラシアル選手が3安打を記録するなど、相手先発・柳裕也投手から3点を奪ったが、同点に追い付くことはできず。連敗でカード負け越しとなった。

  123456789 計
ソ 100101000 3
中 30001102X 7

ソ ●杉山一樹-藤井皓哉-笠谷俊介
中 ○柳裕也-清水達也-ロドリゲス-R.マルティネス

文・波多野瞭平

関連リンク

試合詳細はこちら
杉山一樹の成績はこちら
猛打賞のグラシアルをチェック
6月11・12日はタカガール♡デー!心タカ鳴る2日間を楽しもう!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM