【ファーム】野村大樹が今季初本塁打。三浦瑞樹は4回無失点の好投で鷹が接戦を制する

2022.6.5(日) 16:05 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・三浦瑞樹投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・三浦瑞樹投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月5日、杉本商事バファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと福岡ソフトバンクのウエスタン・リーグ公式戦、第15回戦は、3対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発は、育成4位ルーキーの三浦瑞樹投手。初回を3者凡退におさえると、2回以降は走者を許しながらも粘りのピッチングを続ける。4回裏には無死1、2塁のピンチを招くも、相手の走塁ミスにも助けられ無失点。4回4安打1四球1奪三振無失点の内容でマウンドを降りた。

 打線は2回表、ガルビス選手の安打や敵失などで2死満塁とすると、小林珠維選手の適時打で1点を先制。4回表には野村大樹選手の1号ソロ、5回表には1死3塁から正木智也選手にタイムリーが飛び出し、3対0とした。

 5回から継投に入った福岡ソフトバンクは、重田倫明、岡本直也投手とつないで6回まで無失点。7回裏も続投した岡本投手は、来田涼斗選手の三塁打から犠飛で1点を失うも、この1点のみで抑えて降板。8回裏は泉圭輔投手が無失点で抑えると、9回裏は椎野新投手がマウンドへ。先頭の代打・佐野如一選手に二塁打を許すなど2死1、2塁とするも、最後は渡部遼人選手を中飛に抑えて試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の三浦投手が4回無失点の好投。5回以降はリリーフ陣がリードを守り、接戦を制した。打線では、正木智也選手が2安打1打点の活躍。敗れたオリックスは、終盤に反撃を見せるも及ばなかった。

  123456789 計
ソ 010110000 3
オ 00000010X 1

ソ 三浦瑞樹-重田倫明-○岡本直也-泉圭輔-S椎野新
オ ●辻垣高良-能見篤史-吉田凌-山田修義-海田智行-横山楓

文・波多野瞭平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】野村大樹の本塁打
【動画】正木智也のタイムリーツーベース
【動画】重田倫明 2者連続の3球三振を奪う
過去5年の交流戦を動画とともに振り返る!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM