福岡ソフトバンク椎野が1軍デビューで2回2失点 被弾にも「大事な1日になった」

2018.5.27(日) 19:04 Full-Count 藤浦一都
福岡ソフトバンク・椎野新
福岡ソフトバンク・椎野新

工藤監督「ファームの時より球威を感じた」

27日、福岡ソフトバンクのドラ4右腕・椎野新投手が楽天戦でプロ初登板を果たした。3点ビハインドの8回からマウンドに上がり、2回2失点。それでも工藤公康監督や倉野信次投手統括コーチは一定の評価を与えた。

ヤフオクドームのマウンドに立つと、195センチの長身が際立った。先頭のウィーラーを1球で遊飛に打ち取ったものの、岡島豪郎にヒットを許し、田中和基には高めに浮いたフォークボールをレフトスタンドまで運ばれた。椎野は「甲斐(拓也)さんはボールにするつもりでフォークを要求したと思いますが、ボクがカウントを取りにいってしまった」と猛省。

また「銀次さんの空振りやファールが取れたのはよかったです」と、ストレートには手応えを感じながらも「ファームでは見逃してくれるインコースのまっすぐも、ペゲーロさんのレベルになると当たってしまう。あれで空振りを取れるくらいにしていかないと」と1軍のレベルの高さを痛感。椎野は「自分の中では大事な1日になりました」と念願のデビューを振り返った。

工藤監督が「ファームで見た時よりも球威が感じられた。四球で崩れるタイプではないと聞いていたとおりだなと思いました」と語れば、倉野コーチは「ホームランは打たれたけど、椎野の良さは出たと思います」と一定の評価。2ラン被弾は“ほろ苦デビュー"ではあるものの、これからに期待が持てるデビューであったことも間違いない。

記事提供:Full-Count

関連チーム記事/TEAM