渡邉陸が3安打2本塁打5打点と大活躍。11得点を挙げた福岡ソフトバンクが快勝

パ・リーグ インサイト

2022.5.28(土) 16:53

福岡ソフトバンクホークス・渡邉陸選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・渡邉陸選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月28日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと広島の「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、11対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発は大関友久投手。初回、先頭の野間峻祥選手に二塁打を打たれると、野選で無死1、2塁に。続く西川龍馬選手を併殺に打ち取り2死3塁とするが、マクブルーム選手に適時打を浴び、先制を許してしまう。

 打線は2回裏、グラシアル選手と中村晃選手が連打で出塁、明石健志選手が犠打を決め1死2、3塁から、相手投手の暴投と柳町達選手の適時打で勝ち越しに成功。さらに周東佑京選手が死球を受けてチャンスを拡大したところで、渡邉陸選手がプロ初安打となる1号3ランを放ち、追加点を得る。さらに牧原大成選手にも2号ソロが生まれ、この回一挙6得点と打者一巡の猛攻を見せた。

 4回裏に渡邉陸選手の2打席連続本塁打、6回裏にも渡邉陸選手の適時打でそれぞれ1点を追加。その後も勢いは止まらず、7回裏を終えてリードは10点まで広がった。8回表は又吉克樹投手が無失点に抑え、9回表は笠谷俊介投手が締めて試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の大関投手が7回91球5安打2四死球1失点と好投。打線もチーム12安打と奮起した。なお、プロ入り初のスタメン起用となった渡邉陸選手は、3安打2本塁打5打点と活躍した。

  123456789 計
広 100000000 1
ソ 06010220X 11

広 ●森下暢仁-薮田和樹-ターリー
ソ ○大関友久-又吉克樹-笠谷俊介

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】柳町達 8試合連続となるヒットはレフトへの勝ち越しタイムリー!
【動画】渡邉陸 うれしいプロ初ヒットは驚愕の3ランホームラン!
【動画】牧原大成 ライトスタンドへ今季第2号ホームラン!
【動画】渡邉陸 プロ初ホームランの次の打席でまたもホームラン!

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE