41歳でつかんだ日米通算149勝目 鷹・和田毅を支える飽くなき探究心と向上心

2022.5.23(月) 07:35 Full-Count 福谷佑介
千葉ロッテ戦で今季初勝利を挙げた福岡ソフトバンク・和田毅※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
千葉ロッテ戦で今季初勝利を挙げた福岡ソフトバンク・和田毅※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

22日の千葉ロッテ戦で6回途中1失点と好投し今季初勝利

■福岡ソフトバンク 3ー2 千葉ロッテ(22日・PayPayドーム)

 福岡ソフトバンクの和田毅投手が今季初勝利を挙げた。22日に行われた千葉ロッテ戦。41歳のベテランは6回途中まで投げて1失点と好投し、今季5度目の登板で勝利投手に輝いた。

 初回、1死から中村奨に四球を与えて走者を背負った。マーティン、佐藤都を封じて無失点で乗り切ったものの、初回だけで24球を要した。「良くはなかったですし、感覚的に真っ直ぐの感覚もそんなに、指先にビシってかかるような感じもそこまでなかった」。立ち上がりは不安を抱えていた。

 2回以降は立て直した。レアードから始まる打順を3者凡退に仕留めると、5回まではノーヒットピッチング。「投げながら少しずつ、拓也がいろんな球種のサインを出してくれたりとかして、2人で話をして、操れるボールが増えてきたかな」。12打者連続でアウトに打ち取り、流れを作った。

「より良いボールを投げようと」フォームを常に試行錯誤

 暗転したのは6回だ。2死から高部にこの日初安打となる右前安打を許すと、中村奨には左中間への二塁打。高部が一気に生還し、1点を失った。4回を終わった段階で足がつっていたこともあり、和田はここで降板。藤本監督は「無理して、次の登板がなくなるより、いい球数だったし、大体80から100球で考えてるんでね。あそこはいい交代だった」と振り返った。

 今季初勝利を挙げた和田だが、41歳になっても探究心と向上心は尽きない。調整のために登板した5月14日のウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)では新たな投球フォームに挑戦。「より良いボールを投げようとして、フォームを色々やっていた」。結果的にうまくいかないことを感じてとりやめたものの、「それは試してみないとわからないこと」と、こともなげに笑った。

 今季は70球から80球に達すると、球速が低下して、打たれることもあった。41歳の左腕はそれを良しとしなかった。本音は「やっぱり長いイニングを投げたい」。どうすれば、より良いボールを投げられるか、そして、長いイニングを投げられるか。何歳になっても、それを追い求められることが、長く現役を続けられる秘訣なのだろう。

 今季初勝利を挙げた左腕に対し、藤本監督は「また次も和田に任せます」と、来週も先発の舞台を任せることを明かす。ようやく掴んだ今季初勝利。和田毅はこれからも飽くなき向上心を支えにチームに貢献していく。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM