マーティンが値千金の勝ち越し2ラン! 接戦を制した千葉ロッテが連勝

2022.5.21(土) 17:56 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・マーティン選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・マーティン選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月21日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの第10回戦は、4対2で千葉ロッテが2連勝を飾った。

 千葉ロッテは初回、先頭打者の高部瑛斗選手が二塁打でいきなりチャンスメイク。2死3塁となってから4番・佐藤都志也選手の適時打で先制に成功する。しかし2回裏、先発の美馬学投手が今宮健太選手に適時打を浴び同点とされた。さらに5回裏には柳田悠岐選手に勝ち越し打を許す。

 直後の6回表、松川虎生選手、高部瑛斗選手の連打で無死1、2塁と好機を演出。中村奨吾選手は犠打が決まらず追い込まれたが、ヒッティングに切り替えてセンターへ。名誉挽回となる一打で同点に追い付いた。

 なおも無死1、3塁と千葉ロッテのチャンスは続く。ここで打席に入ったマーティン選手が意表を突くセーフティスクイズを仕掛けるも、好守に阻まれ1死1、2塁に。続く佐藤都選手は併殺打に倒れ、絶好の勝ち越し機を逃した。

 美馬投手は6回裏を3者凡退に抑えたところで降板。7回裏に登板した東條大樹投手は2死1、2塁のピンチを背負ったが、柳田選手を遊ゴロに打ち取って切り抜ける。

 すると8回表、高部選手のこの試合3本目となる安打から1死2塁として、続くマーティン選手の打球は右中間スタンドへ。今季18試合に登板して防御率0.00と鉄壁を誇っていた又吉克樹投手から2点をもぎ取った。

 2点リードで迎えた9回裏は、守護神の益田直也投手がマウンドへ。危なげなく2死を取ると、最後は前回対戦で同点弾を浴びた中谷将大選手を三ゴロに仕留め、4対2で試合終了。

 千葉ロッテは、先発の美馬学投手は6回107球8安打7奪三振1四球2失点と粘投。得点機を生かしきれないもどかしい展開の中、マーティン選手の一発で試合を決めた。一方の福岡ソフトバンクは、大関友久投手が6回途中2失点。救援陣が無失点でつないでいたが、又吉投手が痛恨の被弾で移籍後初失点を喫した。

  123456789 計
ロ 100001020 4
ソ 010010000 2

ロ 美馬学-○東條大樹-ゲレーロ-S益田直也
ソ 大関友久-嘉弥真新也-津森宥紀-●又吉克樹-藤井皓哉

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】マーティン 勝ち越し2ランホームラン!
【動画】バスター成功!中村奨吾の同点打
【動画】佐藤都志也 先制タイムリー!
今年も「ドラクエウォーク」コラボがやってくる!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM