【ファーム】マッカーシーが来日初本塁打を放つも、投手陣粘れずオリックスが敗戦

2022.5.14(土) 16:36 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ マッカーシー選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ マッカーシー選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月14日、杉本商事バファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと東京ヤクルトのファーム交流戦第1回戦は、6対10でオリックスが敗れた。

 オリックスの先発は椋木蓮投手。1回表、安打と四球で2死1、2塁のピンチを招くが、坂口智隆選手を打ち取り無失点で切り抜ける。しかし3回表、連続四球で1死1、2塁とすると、松本友選手に適時打を浴びて先制を許した。

 1点を追いかける打線は3回裏、2死から1番・渡部遼人選手が内野安打で出塁。2番・山足達也選手も安打で続くと、3番・マッカーシー選手が1号3ランを放ち逆転に成功する。4回裏にも7番・若月健矢選手の二塁打でチャンスをつくると、8番・大里昂生選手が適時二塁打を放ち、スコアを4対1とした。

 椋木投手は4回65球4安打3四球2奪三振1失点の内容で降板し、5回表からは吉田凌投手にスイッチ。しかし、連打と四球で2死満塁とされると、松本直樹選手に走者一掃の適時二塁打を許し同点に。続くピンチは、海田智行投手に託したが、武岡龍世選手の適時打で逆転された。

 6回表から登板した4番手・バルガス投手も流れを断ち切れない。連打でピンチを招くと、内川聖一選手に適時打を打たれて、リードを2点差に広げられる。追い付きたい打線は8回裏、東京ヤクルトの5番手・清水昇投手から先頭の4番・来田涼斗選手が二塁打で出塁。1死2塁から、6番・山中尭之選手が適時二塁打を放ち、点差を1点に縮めた。

 しかし、最終回に登板した小木田敦也投手が4失点を喫して点差を大きく広げられる。打線は途中出場のT-岡田選手が1号ソロを放つも、反撃はここまで。敗れたオリックスは、マッカーシー選手が来日初本塁打、渡部選手、若月選手が2安打を放つなど11安打6得点を記録したが、投手陣が粘れなかった。

  123456789 計
ヤ 001041004 10
オ 003100011 6

ヤ ○市川悠太-星知弥-久保拓眞-坂本光士郎-清水昇-小澤怜史
オ 椋木蓮-●吉田凌-海田智行-バルガス-山田修義-阿部翔太-小木田敦也-中田惟斗

文・木村圭

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】マッカーシー 来日初本塁打となる逆転3ラン!
【動画】大里昂生 タイムリーツーベース
【動画】阿部翔太が復帰登板で無失点ピッチ!
【動画】T-岡田が復帰後初試合でホームラン

関連チーム記事/TEAM