佐々木朗希の好投で千葉ロッテが3連勝。レアードは2試合連続弾の活躍 

2022.5.13(金) 21:06 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月13日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第7回戦は、4対1で千葉ロッテが勝利。チームは3連勝となった。

 千葉ロッテは初回、高部瑛斗選手の安打などで無死1、2塁とすると、3番・佐藤都志也選手が見事1球で犠打を決め、1死2、3塁とチャンスを拡大。ここで4番・レアード選手が犠飛を放ち、オリックス・田嶋大樹投手から1点を先制した。

 さらに3回表、四球で出塁した高部選手が盗塁を成功させ、無死2塁とする。この好機で2番・中村奨吾選手がライトへ適時打を運び、1点を追加した。

 先発の佐々木朗希投手は、3回裏に1死1、3塁のピンチを背負うと、1番・福田周平選手の内野ゴロの間に1点を失う。しかし、その後は持ち味の速球で相手打線を打ち取り、7回6安打7奪三振1失点の内容でマウンドを降りた。

 1点リードの打線は終盤の8回表、2番手・富山凌雅投手から1死3塁のチャンスをつくると、佐藤選手がスクイズを成功させる。続くレアード選手には4号ソロが生まれ、3点差に突き放した。

 8回裏は西野勇士投手が連打で背負ったピンチを無失点で切り抜けると、9回裏をゲレーロ投手が3者凡退で締め、4対1で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、佐々木朗投手が7回1失点の好投で4勝目をマーク。打ってはレアード選手が2試合連続弾を含む2安打2打点の活躍、高部選手は2安打3盗塁と足でも魅せた。

 一方敗れたオリックスは、田嶋投手が7回4安打4四球5奪三振2失点と粘投したものの、打線がつながらず。8安打を放ちながらも、わずか1得点に終わった。

  123456789 計
ロ 101000020 4
オ 001000000 1

ロ ○佐々木朗希-西野勇士-Sゲレーロ
オ ●田嶋大樹-富山凌雅-張奕

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】レアード 先制の犠牲フライ
【動画】中村奨吾が貴重な追加点を挙げる
【動画】高部瑛斗 俊足を生かして3盗塁をマーク
【動画】佐藤都志也の絶妙なスクイズ!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM