杉浦稔大が今季初勝利! アルカンタラの3ランなどで北海道日本ハムが快勝

2022.5.1(日) 17:20 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・杉浦稔大投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・杉浦稔大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月1日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの第6回戦は、9対3で北海道日本ハム が勝利した。

 千葉ロッテの先発・ロメロ投手は、初回から3イニング連続で三者凡退に抑える抜群の立ち上がりを披露する。
 一方の北海道日本ハムの先発・杉浦稔大投手も初回を三者凡退で立ち上がると、続く2回裏は山口航輝選手の安打、死球などでピンチを招くも後続を2者連続三振で断ち、無失点で切り抜ける。

 試合が大きく動いたのは4回表。北海道日本ハム打線が猛威を振るう。3番・松本剛選手の安打、四球などで1死満塁の好機を迎えると、5番・石井一成選手から2点適時打が飛び出し北海道日本ハムが先制。さらに敵失策の間に追加点を得ると、続く7番・アルカンタラ選手が6号3ランを左中間へ運び追加点。なおも2死2塁の場面、近藤健介選手からも適時打が生まれると、千葉ロッテの2番手・小沼健太投手から今川優馬選手が6号2ランを放ちこの回一挙9得点。北海道日本ハムが試合の主導権を握り、大きくリードする。
 
 大量援護を受けた先発・杉浦投手は5回3安打無失点で西村天裕投手にスイッチ。しかし直後の6回裏、千葉ロッテの1番・高部瑛斗選手に1号ソロを許すと、四球、山口選手の安打などで2死1、2塁のピンチを招く。すると3番手・上原健太投手が岡大海選手、福田秀平選手から連続適時打を浴び追加点。この回3点を返され、スコアは9対3に。
 
 8回裏を谷川昌希投手が3者凡退に抑えると、9回裏は吉田輝星投手が無失点で締めくくり試合終了。9対3で北海道日本ハムが勝利した。
 
 勝利した北海道日本ハムは、先発・杉浦投手が5回3安打1死球6奪三振無失点の好投で今季初勝利。打線も4回表の集中打で試合を優位に運び、カード戦績を1勝1敗に持ち込んだ。
一方敗れた千葉ロッテは、先発・ロメロ投手が3.2回79球5安打1四球8失点(自責1)と守備の乱れから流れを手放し、連続無失点記録は26.2イニングでストップ。打線では高部選手が連日の猛打賞で結果を残すも、追い上げ及ばず敗戦を喫した。

  123456789 計
日 000900000 9
ロ 000003000 3

日 ○杉浦稔大-西村天裕-上原健太-谷川昌希-吉田輝星
ロ ●ロメロ-小沼健太-中村稔-東妻勇輔

文・山本理絵

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】杉浦稔大 5回無失点の好投
【動画】アルカンタラの6号3ラン
【動画】今川優馬の6号2ラン
フレップも観覧! 野球殿堂博物館で特集展示「東京時代のファイターズ」が開催中

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM