吉田正尚の2本塁打でオリックスが連勝。近藤大亮は支配下登録復帰後初勝利

2022.4.30(土) 17:10 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月30日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第8回戦は、3対2でオリックスが勝利した。

 オリックスは、先発の山崎福也投手が初回に源田壮亮選手とオグレディ選手に連打を許し、1点を失う。しかし直後の1回裏に、先頭打者の佐野皓大選手が二塁打で出塁すると、前日の試合でサヨナラ打を放った宗佑磨選手がライトへ安打を放つ。その打球をライトを守る愛斗選手がファンブルし、佐野選手が生還。すぐさま同点に追い付いた。

 山崎福投手は2回以降、要所を締めるピッチングでスコアボードに「0」を並べる。3回表と5回表には、伏見寅威選手が盗塁を阻止し、山崎福投手を支えた。

 両者ともになかなか得点できず迎えた6回裏、吉田正尚選手がソロ本塁打を放ち、勝ち越しに成功する。ところが7回表にバルガス投手が牧野翔矢選手の三塁打と川野涼多選手の犠飛で1点を与え、試合は再び振り出しに戻った。

 8回表を近藤大亮投手がピンチを招きながら無失点に抑えると、8回裏、またしても吉田正選手が勝ち越しの本塁打を放つ。最終回は平野佳寿投手が無失点で締めて、試合終了。

 勝利したオリックスは、先発の山崎福投手が6回6安打4奪三振1失点と粘投。打線では吉田正選手が2本の本塁打を放ち、試合を決めた。また、近藤投手が支配下復帰後初勝利を挙げている。

 一方敗れた埼玉西武は、隅田知一郎投手が6回6安打1本塁打6奪三振2失点(自責点1)の内容。8回裏にマウンドに上がった平井克典投手が痛恨の被弾で、接戦をものにできなかった。

  123456789 計
西 100000100 2
オ 10000101X 3

西 隅田知一郎-本田圭佑-●平井克典
オ 山崎福也-バルガス-○近藤大亮-S平野佳寿

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】吉田正尚 勝ち越しのソロホームラン!
【動画】確信の一発! 吉田正尚がホームラン
【動画】バレラ スライディングキャッチ!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM