グラシアルが待望の今季1号! 16試合ぶり出場の柳田悠岐も安打を放った鷹が3連勝

2022.4.26(火) 21:04 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・グラシアル選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・グラシアル選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月26日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第4回戦は、3対0で福岡ソフトバンクが勝利。チームは連勝を「3」に伸ばした。

 福岡ソフトバンク打線は2回裏、現在9試合連続安打中と好調のグラシアル選手がフェンス直撃の三塁打で出塁。続く中谷将大は空振り三振に倒れて1死となったが、柳町達選手が詰まりながらも外野まで運び、1点を先制した。

 先発の石川柊太投手は3回表、2四球を与えて招いた2死1、3塁のピンチを三振で切り抜ける。その後も無失点投球を続けていたが、6回表に四球と安打で1、2塁とされたところで嘉弥真新也投手に交代。5.2回106球4安打4四球4奪三振無失点という内容だった。

 嘉弥真投手は呉念庭選手に安打を浴びて2死満塁となったが、3番手・津森宥紀投手が後続を打ち取り、この窮地をしのぐ。津森投手は7回表にもマウンドに上がり、2三振を奪う好投を見せた。

 直後の7回裏、柳田悠岐選手が安打を放つと、グラシアル選手が初球を捉えて左翼席へ。待望の今季第1号2ランで、「3番・指名打者」として4月5日以来16試合ぶりの一軍戦に臨んだ柳田選手の復帰に花を添えた。

 リードを3点に広げて迎えた8回表には又吉克樹投手が登板。リズムよく3人で抑えてつなぐと、9回表はモイネロ投手が危なげなく3者凡退に仕留め、3対0で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、グラシアル選手が今季1号を含む2安打2打点の活躍。8回表の守備でも好プレーを披露した。5投手で完封リレーと投手陣も好調で、先発の石川投手が今季2勝目を挙げている。一方敗れた埼玉西武は、先発した佐藤隼輔投手が7回途中78球5安打6奪三振2失点。テンポの良い投球で試合をつくったが、打線の援護がなく今季3敗目を喫した。

  123456789 計
西 000000000 0
ソ 01000020X 3

西 ●佐藤隼輔-平井克典-森脇亮介
ソ ○石川柊太-嘉弥真新也-津森宥紀-又吉克樹-Sモイネロ

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
石川柊太の動画/記事/成績をチェック
【動画】グラシアル 待望の今季第1号
【動画】柳町達の先制タイムリー
【動画】津森宥紀の見事な火消し

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM