投手陣の好投でオリックスがサヨナラ勝利を呼び込む! 山岡泰輔は6回1失点

2022.4.23(土) 18:23 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月23日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第5回戦は、3対2でオリックスがサヨナラ勝利。

 オリックスは初回、2番・西野真弘選手の安打などでつくった1死1、3塁の好機から、4番・吉田正尚選手の犠飛で幸先よく1点を先制する。

 先発の山岡泰輔投手は4回表、死球と安打で招いた2死1、3塁のピンチから、バッテリーミスの間に1点を失う。しかし、5回表は1死1、2塁を無失点でしのぐと、6回表は3者凡退で抑え、6回4安打2四死球4奪三振1失点(自責点0)の内容でマウンドを降りた。

 7回表は、バルガス投手が得点圏に走者を背負いながらも、本塁は踏ませない投球を披露。続く8回表は、ビドル投手が緩い変化球を駆使し、3者連続三振で退けると、9回表を平野佳寿投手が3者凡退に切り、打線の奮起を待った。

 1対1で迎えた9回裏は3者凡退に倒れ、延長戦へ突入。10回表に、比嘉幹貴投手が内野ゴロの間に1点を失うも、10回裏は先頭の1番・福田周平選手がライト線への二塁打で出塁。3番・紅林弘太郎選手が四球を選び、1死1、3塁とすると、吉田正選手が犠飛を放ち、同点に追い付く。

 11回表を村西良太投手が無失点に抑えると、直後の11回裏。6番・来田涼斗選手が安打で出塁するなど1死1、3塁とすると、9番・伏見寅威選手の打球が相手の失策を誘い、3塁走者・来田選手がホームイン。

 3対2で勝利したオリックスは、山岡投手が6回4安打1失点(自責点0)で試合をつくると、救援陣も好投し、試合の流れを渡さず。延長10回表に比嘉投手は1点を失ったものの、10回裏に吉田正選手の犠飛で追い付くと、11回裏に劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発・石川歩投手が7回7安打1四球4奪三振1失点の好投。打線は延長11回表に得点圏まで走者を進めたが、後続が断たれ、連勝とはならなかった。

  1234567891011  計
ロ 00010000010  2
オ 10000000011X 3

ロ 石川歩-東條大樹-小野郁-益田直也-●小沼健太
オ 山岡泰輔-バルガス-ビドル-平野佳寿-比嘉幹貴-○村西良太

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】紅林弘太郎 一打勝ち越しのピンチを救う
【動画】ビドルが3者連続三振の好投を見せる
【動画】村西良太 ピンチを無失点で切り抜ける

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM